安保

2018年11月22日 (木)

防衛計画の大綱

 「防衛計画の大綱」が5年ごとに改定されることになり、政府が年末までに策定する。これについて、岩谷毅防衛相は「敵基地攻撃能力」の明記を見送る方針を示した。前防衛相の小野寺五典は「今回の大綱には入らないと思う」と発言している。

 ところが、何代か前の防衛大臣・中谷元は異論を示し、自民党内でも批判が噴出している。ということは党内のタカ派を抑え、安倍首相が慎重になっているとも読める。日頃目の敵の安倍首相だが、これには塾頭も賛成する。

 今でも、ミサイル監視網や戦闘機、巡行ミサイルその他の組み合わせで、敵基地攻撃能力がないとは言えないのではないか。あってもなくても、そんなことを公言する必要があるのかどうか疑問だ。自衛隊はあくまでも現・憲法下の存在である。

 軍隊ではなく、戦争もしないことになっている。かりに、敵基地攻撃能力を行使する事態が起きるとしよう。敵は民間の邦人を基地に集めて人質とするだろう。これを救出するため陸戦隊が派遣される。当然、双方に犠牲者が出る事態となる。

 最大限可能なことは、敵のミサイル発射直後に軌道計算を行い、領空に達しなくても撃墜する能力を持つことではないか。基地を攻撃すれば人的被害も出る。戦争はそこから始まる。

 自衛力とは、領海・領空・国土を侵されないよう万全の体制をとることである。攻撃が最大の防御であることは当然だが、それで真珠湾という苦い経験もしている。

 ただ、国防に関心がなく、他国に頼ることしかしなかった旧朝鮮のような存在は、地域に不安をもたらし平和を乱す要因になりかねないことも自覚すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

首都圏・沖縄の共通点

新聞休刊日の今日、TVのニュースショーは、築地市場の豊洲移転で市場お休みとか貴乃花問題蒸し返しなど気の抜けてようなテーマの繰り返し。

その中で圧巻だったのがテレビ朝日の羽鳥モーニングショーだった。番組紹介のかわりに昨日の新聞ラ・テ欄をたしかめるとこうある。

羽田空港新ルートピンチ! アメリカとの合意まだ……。これだけ見ると空港の東京市街上空を通過する新ルートが騒音問題などで未定になっているという、これまでの報道を取り上げただけかと思うが、中身は違った。

横田基地の存在を理由に、東京都の大部分と埼玉、神奈川、群馬上空の航空管制権が日本になく、日本の飛行機はそこを避けて迂回を余儀なくされているという、占領以来続いている治外法権の詳しい内容だ。

事故が起きても日本の法律は適用されず、その判断はアメリカに有利なものになるという、まさに沖縄住民が抱えている不安と同じ状況が首都圏にもあることに国民が気づいていないという点を改めて指摘した。

このような不合理は、同じ敗戦国であるドイツ・イタリアにも存在せず、国際的に見ても異様な関係になっている。問題は日米安保条約である。条約本文にはそんな表現はない。問題は「地位協定」である。

歴代政権は民主党なども含め、この改定に取り組んでこなかった。むしろ外交上はノータッチでいることが友好維持のかなめと考えていた。唯一大きな声をあげていたのは、石原慎太郎だけである。

現・河野外相もそのことはよく承知しているが、担当大臣となったことで口封じ同様の立場になってしまった。そこへ起きたのが、翁長氏に代わる玉城沖縄県知事の出現である。

今こそアメリカに相談を持ち掛ける絶好のチャンスである。米軍の存在によって、空路の遠回りを70年以上も続けざるを得なかった日本の損害や負担金の額は、計算できないものの関税不均衡などに劣らないのではないか。

そういったことを感じさせる番組だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

辺野古とアメリカ世論

【ワシントン=座波幸代本紙特派員】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は1日、米軍普天間飛行場移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設計画に反対する玉城デニー氏の県知事選当選を受け「沖縄の米軍駐留を減らすために」と題した社説を掲載し「日米両政府は妥協案を見いだすべきだ」と新基地計画の再考を促した。(琉球新報10/3

塾頭は以前から「普天間基地の辺野古移転は、政府自民党が意地を張っているだけ」と考えていた。アメリカにとって、米海兵隊を沖縄に張り付けておくメリットがベトナム戦争当時と違ってきたからだ。

米軍基地を置けば、日本の思いやり予算もついて、米本土より安くつくということは、これまでも指摘してきたが、それが沖縄の辺野古に普天間から海兵隊を移すということと関係がない。

ベトナムに近く、海兵隊の訓練には辺野古より北の演習地がベトナムのジャングルと似ていて好都合、などともいわれたことがある。

中国をにらんで?。自衛隊をさし置いて、アメリカが無人の尖閣諸島を守りに行くわけはない。台湾有事で派遣すれば空前の人的被害覚悟、ということにもなる。

戦争の姿がすっかり変わった。陸戦隊で敵国を占拠、首都制圧という古典的戦法が通用するのは内戦だけで、大国は武器援助、軍事指導、無人機攻撃、サイバー攻撃など人的損害なしの方向に進む。

その上で、沖縄の基地問題でアメリカの世論が変化するだろうことは予測していたが、前述の記事でそれが見えてきた。玉城新知事が政府に対しアメリカとの協議で政策変更を促す考えは、それを踏んでのことだ。

日米安保堅持は、政府・自民党にとっての金科玉条であって、一度決めたことは野党に指一本触れさせない、という伝統的な向米一辺倒主義が支配している。また、アメリカにとっても居心地のいい関係で日本を引き付けておくため、政府の足元をすくうような言動はできなかった。

いずれにしても、法廷闘争などは、姑息な手段に見えてくる。玉城氏には、よりアメリカ世論に訴える力があると思うので、その方向の活躍も期待する。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

安保法制の危険目前に

首相は、総裁選の演説で、外交での成果をことさらあげていいる。例として「アメリカとのこれまでにない緊密な関係構築」に触れたが、その中味は言っていない。

本塾は前々回の「首相の外交センス」で、途上国へのバラマキ外交以外には、主要国をはじめ拉致問題など何の進展も見られず、トランプとの「特別な関係」も経済などで色あせてぎくしゃくしていると書いたことに矛盾する。

そこへ、今朝の毎日新聞に「シナイ半島 停戦監視へ陸自派遣検討 安保法を適用」という記事が出た。

はは〜んこれか。

ぎくしゃくの中には、トランプのイスラエル大使館エルサレム移転に同調せず、イスラエルの脅威であるイラン制裁にも消極的な態度がトランプのお気に召さなかったという事情が隠れているはずだ。

記事の中にある「シナイ半島駐留多国籍軍・監視団(MFO)」とは何か。40年近く前の1979年3月、エジプトとイスラエルが激しく戦った中東戦争の後始末として、キャンプ・デービッド合意に基づき、ワシントンD.C.で署名されたエジプト・イスラエル両国の他、イスラエルの支援国であるアメリカ署名した条約に基づく。

記事は、次のように続ける。

安全保障関連法で可能になった「国際連携平和安全活動」の初めてのケースとなる。政府は現地の治安情勢などを見極めながら、派遣が可能かどうか慎重に検討を進める。

自衛隊の国連平和維持活動(PKO)への部隊派遣は昨年5月の南スーダン撤収で途絶えており、「積極的平和主義」を掲げる安倍政権は新たな派遣先を検討していた。ただし、シナイ半島はイスラム過激派の活動で治安が不安定な地域があり、当面は司令部要員の派遣にとどまる見通しだ。

国際連携平和安全活動は改正PKO協力法で規定され、自衛隊が国連主導ではない、欧州連合(EU)などの国際機関の要請による人道復興支援や治安維持活動に参加できるようになった。紛争当事者の停戦合意などPKO参加5原則を満たすことが条件。隊員は同じく安保法で規定された「駆け付け警護」もできる。

MFOは1979年のエジプトとイスラエルの平和条約に基づき多国籍軍の形式で展開している。本部はローマで、昨年現在で欧米など12カ国が約1160人の軍人を派遣し、日本も88年から資金援助している。(後略)

それが現在も続いているわけだが、40年間にその政策・環境が全く変わってしまった。エジプト・シナイ半島はイスラエルと境を接しており、長い間エジプト市民の支持する「穏健なイスラム原理主義」と称された「ムスリム同胞団」がパレスチナ人に人道的支援を続けパレスチナ・イスラエルの融和も図ってきた。

一変したのは、いわゆるジャスミン革命で同胞団の支持する政権が生まれたものの、軍部がクーデターで倒し、シナイ半島に逃げ込んだ同胞団をテロリスト扱いにして厳しい弾圧を加えてからである。

このため抵抗も武力に頼らざるを得なくなり、ISを名乗る一派も生まれるようになった。

MFOがエジプト政府の意を受ければ、こういったいわゆる「テロリスト」と対立関係を生む。それはアメリカとイスラエルにとって好都合であり、日本の参加はその実効や人数は別として多大な宣伝効果があると思われる。

首相は、これで「ぎくしゃく解消」ができたと踏んでいるのだろう。泥沼にいったんはまり込むと参加するより抜ける方が困難になる。憲法の趣旨にまったく反した方向へまっしぐら、を止める人はいない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

沖縄知事選にかける

沖縄県は昨31日、辺野古沿岸部の埋め立て承認を正式に撤回した。急逝した翁長前知事の遺志を継いだ副知事がその旨を発表、政府は前回同様、これを裁判で覆すよう考えている。

辺野古移設の是非を争点に9月30日投開票される知事選があるので、政府の申し立てはその後のことになると見られる。

選挙は、佐喜真淳(さきま・あつし)氏が自民党、公明党の推薦を受けて立候補を表明していた。「オール沖縄」という基盤に立っていた翁長氏の後継候補者は、二転三転していたが8月29日になって自由党幹事長の玉城デニー氏が正式に出馬表明をした。

佐喜真氏は辺野古移転の反対を口にするが、政府側との落としどころを探っているようにも見える。その点玉城氏の主張は、国会選挙を通じて明白であり、日本維新の会を除く全野党の支持に期待する。

よく言われる「弔い合戦」、そんな矮小な一地方選ではない。県民の中には、「どうせ国には抵抗しきれない」と、抵抗疲れ諦めの心境を漏らす人もいると聞く。

国連をはじめ世界が注目(下記参照)しているのだ。これまで、本土住民の無関心が云々されてきたが、この知事選で玉城氏が圧勝すれば安倍首相へのダメージが決定的になり、その逆であればますます好戦的外交政策を強め、念願の改憲にも自信を持つだろう。

もはやお互いに無関心は許されない。トランプ大統領に政策見直しを迫るチャンスでもある。棄権だけは避けていただくよう県民にお願いする。

----------------------------

831 09:56 (琉球新報) 

国連人種差別撤廃委員会は30日、対日審査の総括所見を発表した。日本政府に対し、沖縄の人々は「先住民族」だとして、その権利を保護するよう勧告した。米軍基地に起因する米軍機事故や女性に対する暴力について「沖縄の人々が直面している課題」と懸念を示した。その上で「女性を含む沖縄の人々の安全を守る対策を取る」「加害者が適切に告発、訴追されることを保証する」ことなどを求めた。同委員会が勧告で、差別の根拠として米軍基地問題を挙げたのは2010年以来。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

自衛隊のオスプレイ

陸上自衛隊が導入する垂直離着陸輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)配備計画を巡り、小野寺五典防衛相は24日、佐賀県庁で山口祥義(よしのり)知事と会談し、自衛隊の空港使用の着陸料とし/て、防衛省が佐賀県に20年間で計100億円を支払うことなどで合意した。(毎日新聞18/08/26

これについて塾頭が意見を聞かれれば「反対」である。理由は改憲をめざし海外での集団的自衛権に道を開く安保法制を強行採決した安倍自民党が日本を支配しているからである。騒音被害があるから、故障の多い機種だから、風評被害があるから、オスプレイの値段が高いから……ではない。

日本国憲法を厳密に守り、日米安保条約より憲法を優先させるか、安保条約の不備を改定するか、または不時の邦人救援や国防のため役に立つのであれば賛成である。米軍が海兵隊のために普天間に置いたりそれを辺野古へ移したり、岩国や横田に配置するのとは違う。

自衛隊の存在を認める限りはそうなる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

米軍基地とバスツアー

戦争関連行事が続く8月、新聞の連載記事もまだ続いている。今日は「砂川闘争」が取り上げられていた。1955年、東京都立川市北部の砂川にあった米軍基地の滑走路拡張計画に反対する地元農民や応援労働者などが現地で警官隊と衝突し、1000人以上の負傷者を出した事件である。

基地反対闘争といえば、今は沖縄の辺野古にスポットが当たっている。若い人は「砂川」をほとんど知らないようだ。辺野古同様訴訟が起こされ、第1審では、安保条約違憲という「伊達判決」が出た。知らない人はぜひ検索して調べてほしい。

結果は、砂川拡張計画断念に追い込まれ、今でも近くに存在する米軍・横田基地を利用することになった。その同じ新聞の広告欄に「横田基地」が載っている。なんと、旅行会社の企画したバス・パック企画で、目的地はここだけである。

目玉の文字を追ってみよう。

・2日間限定の大型フェスタ!!・本物の戦闘機を見学!!・間近かで写真撮影・日米友好祭・おにぎり弁当付き!!・雑貨、模擬店も出店・日米バンド演奏・5990円均一など。

日・米国籍のあるもの以外は制限があるようで「スパイさんもどうぞ」というわけにはいかない。添乗員もつかない。写真は「はい、記念写真はここから写してください」という、基地側の指示するところに限られるのかもしれない。

参加者は、基地内が治外法権であり、日本の警察権も及ばない地域であることを十分認識の上トラブルを起こさないように注意してほしい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

ミサイル防衛賛成

陸上型イージスシステムというのが、今問題になっている。秋田、山口両県の陸上自衛隊の演習場に配備し、2基で日本全土をカバーするというものだ。小野寺防衛相は両県を訪問し、知事らに対して、システムの県内設置への理解を求めている。

ミサイル防衛については、ほかにパトリオットとかサードシステムなど、これまでもいろいろな措置がされているが、イージス艦が担ってきた役割をより確実にして打ち落とし漏れを防ぎ効果を上げようというものだ。

地元ではレーダーが放つ電波による健康被害を心配したり、テロの対象になりかねないらないかという声、さらに、北朝鮮の危険性が緩和されたこの時期に、アメリカの言い値で1000億円もする高い買い物をなぜ、という批判もある。

そういった懸念は、全力を挙げて解消されなければならないが、戦争の危機を招く危険に比べれば軽い。専守防衛の憲法に違反しない自衛力として、塾頭は基本的に賛成である。もちろん、現安保条約のもとの集団的自衛権行使に使わない、という前提である。

このシステムは、日本に中距離弾道弾を向けている中国や北朝鮮に対して、強力な抑止力となる。設置場所も既存の基地内ですみ、日米のイージス艦を何隻も海上に浮かべアメリカから恩に着せられるより、長い目で見ると安上がりといえよう。

日本の取るべき正道は、実質、占領開始以来続いている現行安保条約を独立国にふさわしい内容に改定すること、北朝鮮や中国と軍縮交渉を開始し、アジアの安定と世界の平和に貢献することだが、野党からもそれは聞こえてこない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

基地問題は政府の怠慢

沖縄県は30日、在日米軍の法的地位を定めた地位協定と、ドイツ・イタリアでの米駐留軍の地位を比較調査、これをネット上で公表した。

この内容について同県基地対策課は、毎日新聞の取材に対し「同じく第2次大戦の敗戦国である両国と比べても、日本政府は米政府に改定を強く求めていない。現状を全国の人に知ってもらい、世論を喚起したい」とコメントしている。

他国地位協定調査・抜粋

日米地位協定は、昭和35年(1960年)に日米間で締結されて以来、現在まで一度も 改定されていない。この間、米軍人等による様々な事件・事故、米軍基地に起因する 騒音問題や環境問題等が発生している。

沖縄県では、昭和47年の本土復帰から平成2912月末までに、米軍人等による刑法犯が5,967件、航空機関連の事故が738件発生しているほか、騒音問題では、嘉手納飛 行場及び普天間飛行場の周辺住民が、国に対し、夜間・早朝の飛行差し止めや損害賠 償を求める訴訟を幾度も提起するなど、日常的な航空機騒音に悩まされている。また、 米軍基地の返還跡地から環境基準値を超える有害物質が発見されるなどの環境問題も 発生している。

沖縄県は平成29年9月に、平成12年に実施した見直しに関する要請以降の 状況の変化を踏まえ、見直し事項を新たに追加し、日米両政府に要請を行った。平成 30年2月には、公明党も日米地位協定検討ワーキングチームを党内に設置している。

これまで日米両政府は、「環境補足協定」や「軍属に関する補足協定」を締結しているものの、その実効性は十分とは言い難い状況であり、依然として、多くの基地問 題が発生する都度、運用改善により対応している。

調査対象国としては、日本と同じように大規模な米軍の駐留があること、地位協定 の改定や新たな協定の締結の実績があること、米軍機による事故や訓練に関する諸問 題について日本と同じような事例を有する、などの観点からドイツ、イタリアの2カ 国を選定した。

【ドイツの基本原則】

ドイツ側は、改定交渉に当たり、以下の3点を基本原則にしたとされている。

ⅰ 相互性の原則 ドイツに駐留する同盟軍の地位を、他の同盟国内に駐留するドイツ連邦 軍と同等のものにすること。 ⅱ 内部的平等性の原則 ドイツに駐留する同盟軍の権利が、ドイツ連邦軍の国内における地位を 超えるものではないこと。したがって、同盟軍も、ドイツ連邦軍と同様に ドイツの法に拘束されるべきこと。 ⅲ 外部的平等性の原則 ドイツ国内における同盟軍の地位が、他のNATO諸国における地位に準じ たものであるか、または同じものであること。

【国内法の適用】ドイツ○・イタリア○・日本×

日本は「一般国際法上、駐留を認められた外国軍隊には特別の取決めがない限 り接受国の法令は適用されず、このことは、日本に駐留する米軍についても同様」 との立場を取り、日米地位協定にも一部の法令を除き日本の国内法を適用する条 文がないことから、在日米軍には日本の国内法は原則として適用されていない。 ドイツでは、ボン補足協定第53条に派遣国軍隊の施設区域の使用に対してドイ ツ法令を適用することが明記されているほか、第45条に施設外演習や訓練に対し て、第46条に空域演習に対して、それぞれドイツ法令を適用することが明記され ている。 イタリアでは、モデル実務取極第17条において、米軍の訓練行動等に対して、 非軍事的事項及び軍事的事項に関するイタリア法規であって特定分野について有 効であるものについて順守義務が明記されている。

【立入権】ドイツ○・イタリア○・日本×

日米地位協定第3条第1項では「合衆国は、施設及び区域において、それらの 設定、運営、警護及び管理のため必要なすべての措置を取ることができる。」と 明記されており、日本側による施設・区域内への立入り権は明記されていない。 ドイツでは、ボン補足協定の署名議定書において、ドイツ連邦、州、地方自治 体の立入り権が明記されているほか、緊急の場合や危険が差し迫っている場合に は、事前通告なしの立入りも認められている(第53条について4②a)。 イタリアでは、モデル実務取極第6条において、基地はイタリアの司令部の下 に置かれ、イタリアの司令官は基地の全ての区域にいかなる制約を設けずに自由 に立ち入ることができることが明記されている

なぜこういう差がついたのか。比較条件は違うが韓国・フィリピンその他各国についても知りたいところだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

完全になめられている

またしても合意違反だ。米軍普天間飛行場を離陸した米海軍ヘリコプターMH60が23日、隣接する普天間第二小学校の上空を飛行した。

 昨年12月に防衛省と在日米軍は宜野湾市内の学校施設上空の飛行を「最大限可能な限り避ける」ことで合意したはずだ。

しかし1月18日に普天間所属の海兵隊ヘリ3機が同校上空を飛行し、今回さらに飛行した。合意など「あってなきがごとし」ではないか。

日米合意は昨年12月13日に同校で起きた普天間所属のCH53E大型輸送ヘリによる重さ7・7キロの窓落下事故を受けて取り決められた。その6日前には同型機のプラスチックの円筒部品が保育園の屋上で見つかっている。

ヘリが学校上空を飛ぶようでは、児童が安心して校内で過ごすことができない。だからこそ日米での合意が結ばれたのではないか。

在日米軍は1月の飛行については航跡データなどを根拠に学校上空の飛行を否定している。しかし今回は飛行の事実を認め、日本側に遺憾の意を伝えている。

2件とも防衛省が監視員とカメラで学校上空の飛行を確認しており、飛行の事実は揺るがない。

今回のヘリは嘉手納基地に暫定配備されている外来機の可能性がある。暫定配備の部隊に日米合意の指示が伝わっていないとすれば、米軍の指揮系統が機能しなかったということである。合意が形骸化しており、組織の劣化は明らかだ。言語道断だ。(琉球新報2/25社説より)

今回の飛来は前回と違って米軍も認めている。上空飛来は、他基地所属のヘリで禁止を知らなかったせい、と言い訳をしている。軽く見られているというか、言葉は悪いが完全になめられているのである。

その理由は、ネットウヨなどが同校に対して、そんな場所に建てるから悪いとか非国民といった中傷を殺到させたり、政府自民党内に琉球新報・沖縄タイムスを偏向紙と決めつける動きがあることも関係なしとはいえない。

普天間は米海兵隊所属である。他国に敵前上陸などをして、その地域を制圧させることが目的の部隊である。平和憲法を持つ日本に基地を置く理由はない。仮にそのような行動をするとすれば日本に対し事前協議が必要だが、中東への派遣は「インド洋部隊への所属変更」ということでスルーさせた。

尖閣列島が中国に占領されたら、それを奪回するためなどとする者もいるが、それは一義的に自衛隊の任務となる。アメリカに日本国土防衛の義務はあるが、無人島に海兵隊を出すかどうかはアメリカが決めること、断られればそれまでである。強いて言えば抑止力的存在だ。

朝鮮半島でドンバチ始まり海兵隊が日本から出撃すれば、北朝鮮にとって日本は敵国になり、ミサイル・核攻撃の対象になってしまう。また、米軍にとっても近すぎて危険という考え方がある。

昔に比べ、大幅に機動性を増した米軍にとって日本に大量の海兵隊を置いておく理由はない。そのためハワイとか米本土に移動させる計画があったが、日本の経費負担や「おもいやり予算」がついて、本土に置くより経費削減ができ、日本政府もそれを望んでいない、と言われてきた。

中国や北朝鮮の動きの中で、日米韓の連携が強化されることが重要課題であることは言うまでもない。その中で東アジアの安定に最大の責任を持たなければならないのは、日本であるが、日本政府は沖縄をはじめ占領下の態勢から一歩でも抜け出そうという気概を持たない。

日本がなめられているのは、そんなところにある。

ネットウヨさんに奮起を促したい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧