散策

2017年6月 4日 (日)

福島ツアー計画が今やっと

Dscf3036Dscf3011Dscf3037

 福島・磐梯吾妻を通る小旅行計画、3年前に立てたところ、御嶽山爆発後にこのあたりも危険度ランクがアップ。なにもこんな時に……と思ってやめていたのを、昨日・今日の両日ようやく実現させました。(上から「あづま球場大花火大会」「二本松城址」「今井宿」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

アオサギ

2017_05150001_2
 散歩道でいつも1羽だけ見かけるアオサギ。首を伸していれば鶴ほどの大きさに見える。間もなく仲間の水鳥、カモ達が北国に去ると、ここも寂しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

醇風美俗

Dscf2983_4

  Dscf2987_2


写真上は、16世紀中頃北条家と里見家の合戦で、戦いに敗れた里見家の姫君が沼に身を投じて自害したという伝承を受けてつくられた供養のための小祠。

 

下は、昔地域に流行した庚申講のための青面金剛を祀る。江戸初期のものか。掃除が行きとどき、右側に竹箒も常備。いずれも、花などの供物は絶えることなく新しいものに取り替えられている。

 

祠など構造物は、地元有力者の寄進によるものだろうが、日頃の管理は誰がするのか。そもそもが民間信仰だから、役人や社寺といったものではなく、奇特な個人に違いない。一度、60過ぎと思われる男性の姿を見かけたことがある。

 

教育勅語になどには書いてない。誰にも強制されない日本古来の「純朴」な美風である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

高射砲陣地

 北朝鮮がまたミサイル1発を打ち上げた。そんなにどんどん打ち上げると、本番用がなくなるのではないかと余計な心配。(*^-^)

 

 Dscf2982_li_3 写真の鉄柵に囲まれた草むらは、戦時中に米軍機をねらった高射砲陣地の跡というが真偽のほどは不明。

 

 なぜか、こんなポスターも貼ってあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

オオバン

Dscf2969 天気晴朗なれど海は波高しなのか、今日はユリカモメがいつもより多く、団体さま当地にご休憩。

 

帰ってきてから改めて見ると、中央右上にやや大型の鳥らしき影。白い幅広のくちばしを手がかりに図鑑で探すとオオバン(大鷭)の可能性あり。

 

それならば、塾頭初見参。珍客をブログに残しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

荷風と梅・寺

永井荷風は散歩が好きで、「日和下駄」や「葛飾土産」など散歩を題材にした随筆が多くある。目にした地形や町並みなどの観察が多いが、草木など日本の自然にも目を向ける。

 

 農家の庭先にただ一本だけ咲く梅の風情や、空き地に咲く草花を愛でる記述が多いことも目に付く。その中で見慣れているせいか気づきにくいのがお寺の屋根の勾配だ。

 

 やや長くて、著作権侵害だが、没後50年以上たっているということで乞うご勘弁。写真(下総国分寺・2/11)の下が『荷風随筆集(上)』岩波文庫からの抜粋である。

Dscf2966

私は寺の屋根を眺めるほど愉快なことはない。怪異なる鬼瓦を起点として奔流の如く傾斜する寺院の瓦屋根はこれを下から打仰ぐ時も、あるいはこれを上から見下す時も共に言うべからざる爽快の感を催させる。近来日本人は土木の工を起こすごとに力(つと)めて欧米核国の建築を模倣せんとしているが、私の目にはいまだ一ツとして寺観の屋根を仰ぐが如き雄大なる美感を起こさせたものはない。新時代の建築に対するわれわれの失望は啻(ただ)に建築の様式のみに留まらず、建築と周囲の風景樹木等の不調和なる事である。現代人の好んで用ゆる煉瓦の赤色と松杉の如き植物の濃く強き緑色と、光線の烈しき日本固有の藍色の空とは何たる永遠の不調和であろう。日本の自然は尽(ことごと)く強い色彩を持っている。これにペンキあるいは煉瓦の色彩を対峙せしめるのは、余りに無謀といわねばならぬ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

冬の陽

2017_02020005
 
 公園を散歩する保育園 児たち。
 
少子化克服。明日の日本は「死なない!」
*右側「紫烟草舎」は、移設した北原白秋の旧・住家。
(画面クリック・おすすめ)
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

寒桜

関東でもこの寒さ。「寒桜」とはよく言ったもの。
Dscf2947

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

宗吾霊堂

Dscf2926_2

Dscf2929


Dscf2932

  17世紀中ごろといえば完全な近代。それなのに真相は闇の中で、伝承だけがが独り歩きしている。その人の名が「佐倉宗吾」。

 農民の窮状を救うため将軍に直訴して目的は果たしたものの、厳しい詮議を受け刑死した義民である。その一部始終は巷間にいろいろな形で伝えられ、芝居にもなった。

 関東では、反権力の代表格で平将門がいて人気も高い。初詣では必ずマスコミで紹介される神田明神に祀られている。

 この宗吾霊堂も伝統的に庶民に愛されている。しかし、すぐ近くの成田山新勝寺などメジャーな参詣スポットがあり、そこから足をのばすにはやや遠く、至って静かなたたずまいである。

 塾頭の地元といっていい場所だが、反権力とはいえ、今回の初詣が初めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

賀詞

20172


 開塾 12年目 へ m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧