エッセイ

2017年7月21日 (金)

真相と逆相

  政府関係者
 
 1年もたっていないのに本人の行動に「記憶がない」人たちが、他人の「思い違い」ならよく覚えている。(塾頭)

 

本田宗一郎
 
 社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。(『座右の銘1300』宝島社・以下同じ)

 

岡本太郎
 
 食えなけりゃ食えなくても、と覚悟すればいいんだ。それが第一歩だ。その方が面白い。

 

マキャヴェッリ

変革というのは、一つ起こると、必ず次の変革を呼ぶようにできているものである。

 

星新一
 人間とは、どいつもこいつも、いよいよとなると、けちな願いしかしないものだ。

 

トマス・モア
戦争は畜類がするにふさわしい仕事だ。しかしどんな畜類も、人間ほど戦争をするものはない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

年号

今日は、2017年7月7日。普通の年なら七夕だが、今年は7が三つならぶ。トランプゲームなら7ならべ、七を三つ重ねれば俗字で「喜」が浮かぶ。

塾頭は元号が苦手で、今年が平成何年かパッと出てこない。歴史に親しむ上では、西暦の方が何年前かがわかりやすい。考古学とか世界史との関連を言うときは~世紀をよく使うが西暦600年代が6世紀ではなく、1を足して7世紀であることに気をつけなくてはならない。紀元前○世紀も同じである。

そもそも元号は、日本の敗戦で法的根拠がなくなり、1979年(昭和54年)6月6日、昭和天皇のなくなる10年前に「元号法」として成立したもので、満場一致ではなかった。

新聞は、産経などを除きほとんどが西暦を優先している。元号をかたくなに守り続けているのが役所である。確定申告は年、提出期限は年度となるため、それでなくても弱い塾頭の頭は大混乱になる。

この記事は、朝方投稿しようと思ったが夕方になってしまった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

アジサイ、という花

2017_06120001_2
 例年あまり気にかけていなかったが、我が家の狭い庭にもアジサイが咲く。花の名所は「全山桜」とか「全山紅葉」などにぎやかなのが好まれる。近所にアジサイ寺というのがあるが、1株ずつばらばらと違う種類というのもまた乙だ。

そもそも日本に固有種があり、この時期日本で愛でられる花だ。シーボルトは愛妾「おたきさん」の名をとって「オタクサ」と名付けた。永井荷風も、若くして命を失った不幸な芸者の運命をつづった小説に、「あじさい」という題をつけた。2017_06120002_2 桜の派手さがなく、花札にも採用されていない。梅雨を連想させる地味なところがあるが、やはり日本の美を代表する花としたい。

2017_06120006_2


2017_06120005_2









2017_06120003_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年5月30日 (火)

大関・高安は縄文人?

 相撲談義でこんな会話が――

「お母さんはフィリピン出身だね。顔は彼そっくりだ」「馬力はあるが背は低い」「毛深いね」「お父さんは茨城の生まれかな」

 

そこで、今月21日にエントリーした「南からきた日本人の先祖」を思い出した。石垣島で旧石器時代の人骨を大量に発見、人骨の年代は2万7000~1万8000年前のものという報道についてだ。

 

それは、日本の縄文時代が始まるやや前になる。DNA検定により、中国南部または南アジア人と共通点があるとされた。その人たちが沖縄、奄美を経て鹿児島まで渡り、九州・縄文人になったのではないかと塾頭は想像した。

 

日本語は、ウラル・アルタイ語系の北方ツングース渡来人と、南洋ポリネシア・ミクロネシア語の痕跡を残す民族が混血して作られたという説が古くからある。縄文文化もここから花を開いた。

 

その後、水耕栽培米作をもたらした大陸からの移住者が弥生文化の担い手になり、歴史の時代が始まる。俗に、弥生人は毛がうすく長身、瓜実型の醤油顔。縄文人は短身で毛深く丸顔のソース顔などと言ったりする。

 

そうすると、高安は『日本書紀』で言う「今来の伎人」で、北方モンゴルに対抗する南方縄文系選手かも知れない。

くだらないこじつけを書いてしまったが、来場所も怪我の回復が怪しまれる稀勢里はおいておき、高安をひいきにしてみるのも一興であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

♪世界をつなげ花の輪で

 メーデーに集まる大群衆でほこりの舞う宮外苑広場。高らかに労働歌合唱し肩を組んで繁華街を行進したのは60年も前になった。

 Dscf2991

  まさに花の季節、花の時代を謳歌できた世の中だった。5月1日は休日ではないが、多くの大手労組は、この日を休業日とする協約を使用者との間で結んでいた。

 弁当代が出るので、解散地の盛り場で同僚とビールを飲むのが毎年の楽しみだった。総評、同盟といった労働団体の別はあったが、少なくとも日本の労働者は、この統一メーデーに何の疑問も抱かず結集した。

 今、最大の労働団体「連合」は、人が集まらないという理由で、このメーデーから抜けた。その代わり4月最後の日曜日に会合を持つ。アメリカで8時間労働の権利を打ち立てた伝統あるメーデー(5月)の日と縁もゆかりもない。

 今日、集会を持つのは少数派になった共産党系と社民党系の労働団体だけである。かろうじて伝統のメーデーを維持するが、なにか寂しい。過労死防止で時間短縮に精力を注ぐのは、労働組合ではなく政府・自民党の役目になった。

Dscf2994


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

桜散る

今日は台風並みの大荒れ天気(今はそれほどでもないか……)。

   ♪若い血潮の予科練の7つボタンは桜に錨

     ♪咲いた花なら散るのは覚悟 

     見事散りましょう 国のため

終戦直前まで、大流行した戦時歌謡。前が予科練の歌、後は海軍兵学校用「同期の桜」だ。桜はその散り際が未練残さず潔いという意味でももてはやされた。多分咲き誇った桜なども今日で終わりだろう。

Dscf2985
Dscf2988Dscf2990
  忠臣蔵の浅野内匠頭が自刃したのは21日だが、舞台でもその現場には散る桜が配される。武士道的美意識かも知れない。新渡戸稲造は、同じ封建制の下で育った武士道と騎士道だが、騎士道精神はキリスト教という背景の下で生き延びたのに対し、武士道には神道が支えになるという現象が見られなかったとしている。

 

塾頭は、「桜散る」には、むしろ仏教の「無常観」へつながるような気がする。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

「忖度」は医学用語?

 森友学園問題で飛び交う「忖度(そんたく)」。ネットでは検索の上位を独占、今年の流行語大賞は、これで決まり、と評判だ。記者会見で、英語通訳が翻訳できず立ち往生したそうだが、中国人記者ならどう伝えただろう。

 

気になったが検索では見あたらなかった。そこで、我が家の唯一の漢和辞典を見ることにした。以下はそこから得た知識の紹介である。

 ------------------------------------

【忖】おしはかる。他人の心をおしはかる。推測。寸(スン)の転音が音。一説、心(りっしんべん)と寸(手首の脈どころ)との合字、指を当てて脈を知るように、他人の心を推しはかる意。

 

単語は[忖度]のひとつだけ。[度]は「はかる」で前記の意と同じ。

さらに中国古典『毛詩・詩経』からの出典を示す。

「他人有心、予忖度之」

 -------------------------------------

「親中派」と言われるが、立派な中国語であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

40、50は……

 「40、50は鼻垂れ小僧」と言ったのは、渋沢栄一である。天保11年(1840)武蔵国(埼玉県)の豪農の子として生まれた。

 実業家として名をなしているが、幕臣となり渡欧、維新後は大蔵省の役人、30台で退官。その後は財界で銀行、鉄道、海運、紡績、電気など主要業種を総なめ。70台半ばで引退したがその後も社会事業に従事した

 

40、50は……と言ったのは80台の頃らしいが、91で天寿を全うした。現在なら超高齢とも言えないが1931年(昭和6)没、昭和10年の平均寿命が男46.9歳だから、まさに怪物と言っていいほどの年だ。

 

そこから見れば、塾頭も洟垂れ小僧……にはならないか(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

19年ぶりに日本人横綱?

実現すれば19歳の人にとって、生まれて初めての日本人横綱になる。相撲が「国技」だといわれても土俵入りをするのは外国人。これまで、「なんで?」という感じだっただろう。

 

外国人力士が現れたのは1967年、ハワイ生まれの米国人・高見山の十両入りに始まる。もう50年もたったのかという気がするが、国際化は最近の相撲人気をむしろ高めている。

 

高見山が優勝した際は、大統領から祝電が届いた。明るい性格で日本人からも愛されがトランプさんのように高い税金などかけなかった。アメリカ人はいなくなったものの、横綱を独占するモンゴルをはじめ、エジプト、ロシア、ジョージア、ブルガリア、メキシコなどにぎやかだ。

 

その中で幕内下位にいた蒼国来は、内蒙古出身といっても中国に入る。今場所星をかさねて前頭筆頭まで上がりそうだ。いずれは、中国場所復活が話題になるような活躍を期待したい。

 

今回優勝した稀勢の里は、いい意味でも悪い意味でも日本人らしいところが人気のもとであったかもしれない。稀勢の里が尊敬する力士は、と問われて朝青龍と答えた。いやがらずに稽古の相手をしてくれたからだという。

 

その朝青龍。かつて同じ質問に対し魁皇と答えた。理由は、けんか相手の力士と仲直りをするよう風呂の中でこんこんと諭されたこと、だとか。いずれにしても力士の間には国境はない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年1月13日 (金)

パソコン、苦戦

 新パソコンに思った以上の苦労をしています。

 便利になったのでしょうが、新機能が理解できない。私にとっては古く慣れた方が便利なので、新しい方に慣れるまで古い方を処分せず、当分は両刀使いで行きます。

 テーマを探す苦労の方が楽でした。トホホo(;△;)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧