経済・政治・国際

2017年10月23日 (月)

安倍一強の幻影

総選挙結果は各社の選挙情勢予測がピッタリ当たってしまった。もちろん万歳と言えるようなハプニングを期待したが、そうにはならなかった。新聞見出しは、与党大勝利だが、安倍首相は浮かない顔をしており、野党で唯一躍進した立民党の枝野代表も厳しい顔のままだ。

この結果が今後の政局を暗示しているように思える。選挙前とほとんど変わらないのだ。何のために大金を掛け、台風のさなかの選挙をしたのかわからない。唯一いえるのは、小池百合子・希望代表のおかげで、立民党という無垢な受け皿野党がはじめてできたことだ。

立民の延びしろはまだまだあり、公明のブレーキもあって、9条改憲は遠のいたという感触が首相の顔に出たのだろう。ただ、安保法制廃棄などの見通しは先送りになり、違憲状態解消が何時になるのかわからなくなった。

今朝配られた朝刊に、各選挙区の背景とともに投票者が自民に投票した感想がいくつか紹介されている。自民党が異様に強い理由が前から不思議だったが、変わるべき受け皿がないというだけではないような気がしていた。

今回の選挙で、どうもそれは複合原因によるようだ、ということがわかってきた。一つは地方議員時代から育ててきた後援会組織が、町会とか自治体官僚を核として有効に機能していること。つまり野党議員では予算などを持ってきにくいということだ。

次に、北朝鮮などの脅威には安倍流の強硬姿勢が必要、という右派的姿勢をなんとなく支持している層の存在。そして、原発でも安保でも経済生活でも、現在の生活に直接影響しないのなら、今のままがいい、という消極的理由によるものである。

さすがに、「安倍首相が信頼できる」という返答はなかった。つまり安倍一強は、国民の意識の中でそう強固なものでないということである。与党の失政や野党の攻撃で容易に崩せる範囲にしかないということをいいたかったのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

銘柄もん

昔「銘柄もん」という言葉があった。一部上場銘柄とか銘柄米から来ているものだろう。かつての一部上場企業はほとんど覚えられた。今は数が多く、名前がすぐ変わったりするので知らない会社の方がはるかに多い。

神鋼はともかく、東芝・日産は5指に入る銘柄中の銘柄であった。その銘柄を背負った株式も製品も社員・役員も「安心できる」ということで世間に通用した。ブランド商品の名を汚さないため、一個人であっても細心の努力を重ねるという話はよく聞く。

それを組織ぐるみで仕様書を偽造するなど、言語道断の仕業だ。記者の前で頭を下げるぐらいでは、とても信頼回復できない。消えてなくなるしかない。

このところ、同じようなことが政治の世界でもはびこっているような気がする。一番古い銘柄が共産党、次いで自民党・公明党。それ以外はほとんど新銘柄だ。古さだけでは信頼できない。

かと言って、新銘柄なら信頼できるかと言えば、見ての通り。塾頭は、嵐に弱いので昨日投票を済ませたが、棄権は絶望を招くばかり。あらたな「銘柄もん」はどこか、ないとは限らない。これから投票する人、特に若い人は、しっかりそこを見極めて投票所に行ってほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

迷ってます

 投票日は台風が近づくので今のうちに期日前投票にでかけようか、比例区は、勢いのあるR党にしようか、選挙区候補者を見送ったK党にしようか迷ってます。迷わないのは棄権しないということだけです。

 もっとも森友・加計疑惑で、あの顔が、このまま国会中継で見られなくなるのがいいかどうかも迷います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

希望的観測は「希望」の凋落

8月25日に小池都知事が、突然国政新党立ち上げを記者発表したのは、安倍首相の解散宣言の3時間前である。そのタイミングを含め、千両役者並みの起居振舞と翌日の記事に書いた。昨日、その希望の党が第一次立候補者の名簿を発表した。一週間後には選挙戦に入る。

小池劇場は依然として続くだろうが、どうやら大躍進は、うたかたの夢と化すような気がしてきた。その原因は、民進出身議員選別の踏み絵や、小池氏の身勝手な言動、そして立憲民主党の出現である。

両方の新党を比べると、小池新党が暴走車のように左右どっちに向くか見当もつかないのに対し、立憲民主党は不器用でも、すっきりした姿に見えるからだ。そして、「希望」が自民と食い合いになり、当選者が激減する――これが塾頭の「希望」的観測である。

その観測が、今日の毎日新聞社説で「ダイナミズムがそがれた」という表現で現れた。同じ同紙の別の面では、「踏み絵」の項目にあげられた外国人差別について、以下のような小池氏の無定見・無節操ぶりが白日のもとにさらされている。

「外国人の地方参政権に反対です。国境の(沖縄県)与那国島になんらかの意図を持った人たちが押し掛けてきたらどうなるのか」。小池氏は2016年7月、都知事選の第一声で打ち上げた。

小池氏も元々は、この問題で強硬だったわけではない。旧自由党に所属した99年8月の衆院政治倫理・公選法特別委では「関西地域には多くの永住外国人が住み、なりわいを営み、納税している。提案に敬意を表したい」と語っていた。

つまり、それが自分とってプラスになると思えば、人目もはばからず大げさに転がって見せる。そういう人柄は、厚化粧とともに庶民の好むところではない。それが日に日に劇場でさらされ、当初の勢いは大いにそがれることになりそうなのだ。

それだけ、「立憲」の愚直さが目立つと判じたい。

 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2017年10月 2日 (月)

新党に求められるインパクト

「魑魅魍魎」「百鬼夜行」、日々の政治ニュースを見聞きすると、この4文字熟語が浮かぶだけで記事を作る意欲もなくなる。枝野幸男民進党代表代行(今もこの肩書きでいいのかな?)がリベラル新党の立ち上げを言い出したという。

新党名は、「民主党」が候補のようだ。下々は、未だ「民進党」になじんでおらず言葉の端々に「民主党」も顔を出している。以前、同氏の改憲私案を「現行憲法のような感動的な筋立てがなく、木に竹を接いだようなつじつま合わせで、官僚の下手な作文のようだと批判したことがあった。

まったくこれと同じだ。国民にとって何の感動も与えない。小池都知事が、国政新党「希望の党」を何ヶ月も前から商標登録していたというのと大違いだ。リベラル新党自体は、この騒ぎの前から当塾の持論だったが、この党名に、民主党内閣出現当時の勢いと新鮮さを取り戻したいという意図があるのか。

もしそうなら、当時の立て役者である鳩山由紀夫元首相や菅直人元首相を発起人に加えることだ。そして、これまでの民進党の主張のほか、沖縄辺野古基地移転撤回、原発ゼロを目指すことにより、新党の掲げる対抗軸をより強化明確にする必要がある。

とにかく、国民にわかりやすい「顔」と「主張」がなければ、新党に投票しようと言う気が起こらないことだけは確言できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

政界・オレオレ詐欺

民進党解党(怪倒)騒ぎが見えてきた。稀代の「オレオレ詐欺」だったのだ。主犯は小池都知事だろうか。前原民進党代表は一見被害者のように見えるが、このままなら悪質な共犯者となる。

事態は流動的だが、前原が今さら非を認めて次の対策を立ててももう遅い。党内で失われた信頼は「覆水盆に返らず」である。安保法制に反対の人は入れないという小池審査にはずれる人達は、無所属で立候補するしかない。それに当選した暁には、リベラル(この言葉は好きではないが)新党を結成するという、菅元首相のかねての主張に沿った共通公約を掲げるしかなさそうだ。

共産党と社民党が選挙のため選挙協力を徹底する。さらに選挙後には安保法制や共謀罪法廃止を目指すため、合併して伝統的な「共産党」の名を消すといったことまで公約するなど、小池新党や自民と対抗する気があれば、そこまでしなくてはならない。

政界オレオレ詐欺の被害者は、国民である。本当の受け皿がなければ亡国へ一直線。‘17政変がそんなことにならないように期待する。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2017年9月28日 (木)

民進党怪倒

  野田佳彦が民主党政権を投げ出してから、本塾が「解党的出直し」を言うのは今回で10回目になる。それが、小池百合子都知事を党首とする希望の党スタートがわかると、前原誠司民進党代表は参院を除く党全体をそこに投げ込み、独自候補は立てないことにした。

まさに解党(怪倒)的だが、出直しはない。この結論、塾頭が日頃不愉快に感じている、テレビ画面で人の顔を丸いパターンで覆う場面を見るような気がした。最初は、犯罪容疑者のプライバシー保護が目的だったのかも知れない。

それがこのところ、番組の中でもやたらに増えている。顔は人格のもっとも大切な部分である。それを傷つけたり汚しているように見えてしまう。面汚し、体面、面目、そして面子のためには命をかけることすらあるというのが塾頭の感覚だ。

民進党は、代表提案を満場一致で可決したという。これは、まさに全員の顔を見えなくした群像を作ったようだ。安倍支配からの脱却を図ることはもちろん喫緊の急務である。しかしこんなことでできる「希望の党」は不気味だ。

これでは、安倍をひっこめた自民党の方がまだまし、ということになりはしないか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年9月26日 (火)

政変激動連続会見

「うそは、泥棒の始まり」。日本の国が泥棒に奪い取られる――。それを防ぐのが「大義」なのだ。

 これが昨日の記事の終わりだった。そして午後6時からの会見実況中継。大義は、決まっていた消費税アップの使い方一部変更と、北朝鮮事情が国難――。理由になっていないこじつけ理由、つまり「延命」という本音にふたをして、また「うそ」の上塗りをして見せたのだ。

 その3時間前、小池百合子都知事の新党「希望の党」立ち上げ代表就任の会見も見てしまった。こっちは、小池ブームに便乗したい民進や自民の離党組のゴミ箱のようになっていた集団のリセットのためという。

 敵をたてて攻める手法ではないが「お見事」というしかない。タイミングのとりかたも千両役者なみだ。本塾は、彼女の政治手法はかつての小沢流と書いたことがあるが、さすが子飼いだけのことはある。

もうひとつ。小池氏は「脱原発」を掲げたが、元首相の菅直人は完全に出し抜かれた。また後塵を浴びることになる。同氏のHPから引用しておこう。

同時に私はこの総選挙を脱原発・リベラル政党をつくる足掛かりにしたいと考えています。現在進んでいる野党の政界再編の動きが脱原発・リベラル政党につながるかどうか判然としません。少なくとも「脱原発」と「立憲主義の尊重」を掲げる政党をめざします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

解散の大義

 今日夕刻、首相が記者会見し解散総選挙の大義について説明するそうだ。野党はもとより与党の中でも、「大義はない」という意見が圧倒的。

 しかし「大義」はある!。モリ・カケの議論、自民二階幹事長の言うように「ちいさな問題」――その通り。

 だからといって客観的に見て本当と思えることに、「首相ならうそをついたり隠したりしてもいいのかどうか」。

 「うそは、泥棒の始まり」。日本の国が泥棒に奪い取られる――。それを防ぐのが「大義」なのだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

北との戦争はない

 トランプ大統領米国と同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外に選択肢はない。ロケットマンは自殺行為に走っている。(19日国連総会)

 金正恩党委員長わが共和国をなくすとの宣戦布告をした以上、われわれも相応の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する。(21日声明公表)

 北朝鮮李容浩外相水爆の実験を恐らく太平洋上で行うことになる。(記者団に)

 トランプ大統領「常軌を逸した人物に至る所にロケットをうたせるわけにはいかない」。キム委員長は利口か、戦略的なのかもしれないし、あるいは完全に正気を失っているのかもしれない。しかし、彼がどうであろうとわれわれが対処する」と述べ、事態は打開できるとの考えを強調(22日夜演説)

ここまで来て、塾頭は「戦争にはならない」と感じた。大戦後、戦争は地域紛争か、それに関わる大国の代理戦争や介入戦争で、横綱が序の口と直接立ち会うようなケースはない。朝鮮戦争終結、平和条約を対等の立場で――といっても64年も前のこと、まさか戦争のやり直しでもあるまい。

双方のせめぎ合いは、たしかに戦争の発端になってもいいような状況が十分そろっていた。トランプは、グアムに向けて次のミサイルを飛ばすようなことがあれば、迎撃または先制攻撃も辞さないだろう。それは、日本や韓国にも危険が及ぶことなので、直ちに中短距離砲基地も徹底的に叩くということになる。

北の外相が言うように、仮に水爆を含む実験であれば、第五福竜丸事件を想起せざるを得ない。アメリカの水爆実験で発表していた禁止区域から64kmも離れていた場所で日本漁民が被爆し、広島・長崎に次ぐ核爆弾による死者を出したことだ。

アメリカの領海外であっても空中爆破をすれば、被害ゼロの保証ができない。アメリカがこれまでのように、発射をただ傍観するということはないと見るべきだろう。水爆を積んでいるかどうかは検知できないので、積んでいる前提で対応するしかない。

 金正恩もそれは十分知っていたが、正恩体制維持のための行きがかり上、後に引けずとうとうここまできてしまった。②を見ていただきたい。前半の勇ましさとは裏腹に最後が「慎重に考慮する」という弱気ともとれる発言だ。

それをうち消すために、わざわざ外相の口を借りて③のような強硬姿勢で補ったのだろう。ここがアメリカとは逆で、アメリカは大統領が言いたい放題、軍司令官や国防長官が現実的発言をしてバランスを取る。

そして22日のトランプ演説になる。「常軌を逸した人物」とか、「ロケットマン」という悪態は相変わらずだが、④のように「利口か、戦略的なのか」といった妥協の余地も匂わせ ている。

 直近のニュースでは、中国がこれまでにない予想以上の金融封鎖に乗り出したように報じられている。北朝鮮の強気で、アメリカが前述のような攻勢を掛ければ中国に直接的な危機が及び、難民の受け入れどころではなくなる。

 もともと、中国は北朝鮮を支持する気持ちなど毛頭ないのだ。水面下で米中が接触し、解決策に向けて舵を切ることは、両国の国益にとってプラスがあってもマイナスはない。

右翼系のHPに、中露が日米韓合同演習に対抗、牽制するために日本海で合同演習、という見出しを見かけた。産経が元らしくほかではあまり見かけない。演習は、恒常的にほかでもやっており、北を利するという目的は的はずれである。

 国連決議に気をよくし、「対話をする時期ではない」と世界中に触れて回る日本政府。気がついたらまわりに誰もおらず、笑い者になるような恥ずかしい目にあわないよう、くれぐれもお願いをしておく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧