ニュース

2018年1月23日 (火)

西部氏の入水

1昨日の21日、評論家の西部(にしべ)邁(すすむ)さん(78)が入水自殺したことが報じられた。どうやら予定の行動らしい。塾頭が氏の名前を知ったのは20余年前のことになる。

本屋で雑誌をパラパラとめくると右翼の論調が目立つようになった時期だ。まだ週刊誌には及んでおらず、権威のある一部総合雑誌であった。塾頭はその論拠を知りたくて購入したが、そこに氏の論考があって、名前が頭に刻みつけられた。

しかしその論考はよく覚えていない。多分、安倍首相の『美しい日本を』に似たような内容だったのだろう。氏はネットウヨ最初の原点にあったと称されるが、漫画家・小林よしのり氏は、西部氏から影響を受けたといい、同氏も、安倍首相とは度々交流があったという。

氏自身、その後の思想の遍歴があったかどうかは、追っていない。ただ、小林よしのり氏は、米国追随外交を批判、憲法9条を評価しネットウヨを批判する立場に立ち、西部氏も、安倍政権の方針に正面から反旗を翻しているようだった。

前から、自殺をほのめかすような言動があり、自著の序文に

「ある私的な振る舞い」を予定していたが、「予定日に衆議院選挙が行われると判明」「まずは社会にかける迷惑はできるだけ少なくせねばならぬ」

と書いていたことが分かっている。その「私的な振る舞い」を今回の自殺だったと見る人は多い。「右翼」と信念に基づく「自殺」といえば、三島由紀夫を思い出すが、氏はそれと一緒にされたくないないだろう。

また、年齢の限界と見るのも、氏がお寺の子として育ち宗教に理解を持っていたことから、直ちに肯定しがたい。どうも凡俗には理解しきれない行動だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

立場は同じと思うけど(沖縄・福島)

沖縄 南条市長選 基地反対派  当選

沖縄県の南城(なんじょう)市長選は21日投開票され、無所属新人で元衆院議員の瑞慶覧長敏(ずけらん・ちょうびん)氏(59)=共産、自由、社民、民進、地域政党・沖縄社会大衆推薦=が、無所属現職の古謝景春(こじゃ・けいしゅん)氏(62)=自民、公明、維新推薦=を破って初当選した。投票率は66.92%。(毎日新聞) 

福島 南相馬市長選 原発再稼働反対派 落選

原子力発電所の事故のため、今も多くの住民が避難を続けている福島県南相馬市で、任期満了に伴う市長選挙の投票が21日に行われ、新人の門馬和夫氏が、脱原発を強く訴えてきた現職の桜井勝延氏を破り、初めての当選を果たしました。

南相馬市長選挙の開票結果です。

門馬和夫(無所属・新)、当選、1万6494票
桜井勝延(無所属・現)、1万6293票

元市議会議員で63歳の門馬氏が、3回目の当選を目指した現職の桜井氏を破って初めての当選を果たしました。

南相馬市は7年前の原発事故で出された避難指示の大部分が、おととし7月に解除されましたが、今も多くの住民が避難を続けています。

こうした中で行われた今回の市長選挙で、東日本大震災と原発事故からの復興を進めてきた現職の桜井氏は、国が進める原発の再稼働を批判して脱原発の推進を訴えたほか、原発事故による避難指示が解除された地域の再生を訴えました。

これに対し、新人の門馬氏は脱原発と再生可能エネルギーの活用を主張するとともに、桜井氏の市政運営によって南相馬市の復興が遅れているとして、国との対話を重視すべきだと訴えました。

 そして、門馬氏は自民党や公明党の市議会議員らの支援を受け、桜井氏を破って初めての当選を果たしました。(中略)
 投票率は62.39%でした。(NHK)

 

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

緊急地震速報

 早めの昼食を取るため、11時を過ぎるとテレビのスイッチを入れることが多い。すると昨日、「緊急地震速報」。訓練でも実験でもない。本物だ!!。関東を中心に長野・山梨・福島まで強震の恐れありで、早く机の下など安全な場所に避難するよう、放送が繰り返す。

 頑丈なテーブルを前に座っていたので、「グラッ」ときたら、その時でいいと、テレビを見続けた。今か、今かと身構える中テレビは同じことを繰り返すだけ。そのうち、茨城県で1,2か所震度2とか3とかが画面の地図に出る。

 次に、震源・富山県として石川・富山に同じような震度表示が現れる。1102とある時間表示は全く同じ。「なんだ、別々地震ではないか」と塾頭は直感的に思った。あとの報道では、その通りで、「コンピュータの勘違い」と機械のせいにして涼しい顔。

 鉄道などは一斉に緊急停止したようだが、折りしも閣議開催中。安倍首相は携帯を取り出して見入っていた。学校その他公共機関は相当の混乱に見舞われていたはずだ。ところが、東京は深夜になって直下型の震度4に見舞われた。

政治家と違って、気象庁は信頼されている。決してイソップのオオカミにはならないでほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

漂着北朝鮮軍

今年の漢字は「北」だそうだ。これは、塾頭にとって「北朝鮮」しかない。なにしろパソコンでは、漢字短縮登録で「北」より「北朝鮮」の方が先に出てくる仕掛けになっている。戦争になるのかならないのか、金正恩とミサイル発射映像がでてこない日はない。

漂流船は依然として続いており、今日はそのエンジンは50年ほど前に日本が開発したもので、それを中国がコピーしたものが使われ続けているが、農業用か沿岸漁業用でとても遠海用には使えない、というニュースだった。

北海道松前町の無人島、松前小島に11月接岸した北朝鮮船の乗員10人のうち船長ら3人が家電用品や、バイク、発電機などの窃盗容疑で逮捕されたという事件はその後どうなったのだろう。

彼らは、黙秘を続けていたが供述もしはじめたようだ。いずれにしろ、漁民ではなく、軍の船で軍務についていたに違いない。自称船長は小隊長または班長だろう。出航以来、イカつりをしていたとしても、軍務の一部である。「漂流」ではなく、「一時待避」をしただけだ。その際敵地を発見、占領したまでである。

兵には、日々行動する任務を与えなければならない。そこで、金目のものを船に移す任務を与えたが、重すぎて船が不安定になったので一部は捨てさせた。窃盗でなく「戦利品」ある。万一帰れた場合は、漂流して日本に助けられた、ではなく、軍功を立てたあかしを見せれば金正恩にほめられる。

隊員のひとりは、あまりばかげた話で帰れる当てもないことを知り、命の危険を感じて日本側に保護を求めた。彼も真相は話せない。隊長の命令違反なら死刑が待っている。逮捕された船長以下は、刑事罰もかけにくく、おそらくほかの海難生存者同様、強制送還ということになるだろう。

しかし、それでは彼らは困るのである。犯罪者ではなく「捕虜」にしてもらいたいはずだ。戦果はやむなく放棄したが、軍人の誇りと金正恩首領の名誉は保った。「死して虜囚の辱めを受けず」の東条流とは相当に違う。

日本は、拉致被害者との捕虜交換を持ち出せばいいのだ。以上塾頭の寝言である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

快速逃亡サル

神奈川県湘南地方で民家近くに出没したサル、三浦半島から京浜地区を経て都心へ。「箱根駅伝コース」と言われ、映像入りでTVニュースをたびたびにぎわした。

その後はとんとお出ましがない。隅田川を渡って江東に向かったらしいが、素人の映像提供がないと情報はあっても、TVでは取り上げないのだろう。

それがなんと、我が家近くに出現した模様。江戸川区から、たぶん市川大橋、JR総武線、京成本線いずれかの鉄橋で千葉入りしたようだ。

 川べりの神社から、真間、須和田と東上、ついに船橋市で発見されるようになった。千葉日報によると、時速20キロ。マラソン選手並のスピードで駆け抜けていることになるらしい。

 それはないとすれば、トラックの荷台などを借りてのヒッチハイクだろう、と記事が書き加えている。さてそこから先、成田からの海外逃亡か。でなければ、ニホンザルだから、仲間の多い下北半島まで。

 モリ・カケ問題のように、いつのまにかメディアから消えるようでは心配だ。せめて相撲暴行事件並には追ってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

相撲事件放送に食傷

日馬富士の貴ノ岩暴行事件が明るみに出てからちょうど1ヶ月たつ。事件が起きたのはさらに20日前だ。一般紙にはほとんど出なくなったが、民放TVニュースではほとんど毎日、変わらない内容でも定番のように繰り返す。

スポーツ紙や、新潮・文春などの週刊誌も同様だ。送検がなされた段階で、貴乃花対白鳳またはモンゴル人力士との対立をはやすためか、貴乃花の肩を持つような内容が多くなった。決していい傾向ではない。

本塾で取り上げたのは、報道された翌日の1回だけであるが、そこでは、鉄拳制裁をする権限は貴乃花だけにあり、それを日馬富士が奪ったことに怒り、協会にも告げず警察沙汰にしたのだろうと書いた。

塾頭は、かつて貴乃花が部屋をたてた当初、稽古部屋で竹刀を手に土俵際で監視する姿をTVで見た(なぜか再録はされない)。日馬富士のは、感情的にとっさに出た行動だが、貴乃花のは最初から制裁暴行用具を手にしていた。その姿から、「悪印象」があると書いた。

たかが相撲取りの喧嘩である。それで世の生活が変わったり、国の安全が左右されることはない。日馬富士や白鳳の発言を取り上げ、やや無理な揚げ足取りをする方が売れるのだろうか。

塾頭から見ると、両人の発言の方が世間の常識をふまえたまっとうなものに聞こえる。罪を認め相手を思いやる態度など、理路整然としており、日本人の美徳を越えるものさえ感じられる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

敵基地攻撃能力より漂着船対策を

北海道松前町の無人島、松前小島に11月接岸した北朝鮮の木造船の男性乗員が、島にあった物品を盗んだとして、北海道警は8日、窃盗などの容疑で乗員を9日にも逮捕する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした(産経電子版)。

その前に、曳航されていた木造船の綱を切って逃亡のそぶりを見せたり、仲間割れしたひとりが監視船に乗り移っているなど、漂着船は複雑な環境下にある。刑事事件として日本の司法当局がかかわるとすると、いろんな罪状があたまに浮かぶ。

領海侵犯、不法漁獲、不法入国、不法投棄、海洋汚染、共謀罪……。仮に彼らが「軍の任務だ」とか「難民だ」と言い出したらどうなるのだろう。さらに犯罪者として強制送還する場合の手続きは、費用はなど、余計なことも心配になる。

今後にそなえて、しっかり事例研究をしておかないと、いざという場合間に合わない。頭越えミサイルに対する緊急アラームや、的基地攻撃能力の検討より先にしておく事柄ではないか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

ローカルニュースでいいのか

先月27日に「市川市長選挙やりなおし」という記事を書いた。その続報である。再選挙は、1月7日告示、14日投開票といったん決めた。ところがそれを白紙に戻し、次が何時になるか分からないという。

理由は、同時に行われた市議補選候補者の1人が「開票作業が不自然」という異議申し立てをし、30日以内に判断が示されるが、それに不服であれば、さらに県選管に不服審査を申し立てができる。

現市長の任期は24日に切れるため、市議会は、副市長を2人体制に制度を改正し、市長不在長期化に備えることになった。ローカルとはいえ、人口48万5000人の大都市である。

市政の空白もさることながら、期日前投票を含める膨大な費用や投票者の負担は、誰も補償する人がない。これが東京都知事だったらどうなるか。全国ニュースどころか、世界のニュースになるだろう。

民主主義には金と時間がかる、といってもこれはどうかと思う。

なお、前回野党統一候補に立憲民主党推薦の名がなかったが、同党県総支部連合会の設立を4日付けで選管に届け出たので、今度はその名も加わるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

怖い弁護士

タクシーの運転席を何回も蹴って破損、暴言、料金を払わずに乗り逃げ。テレビで何回も放映された監視カメラの映像から、札幌市在住の弁護士の仕業とわかった。

こんな怖い事件は、弁護士でなく暴力団に相談しよう。近くに弁護士事務所があれば、住民は立ち退きを要求をしよう。

有名大学卒で司法試験に合格し、役人から代議士になった泣きべそ落選女性議員が後部座席にいる場合も、運転手は気をつけよう。

【追補】

 金正恩くんとはそのうち仲良くなれるかも知れない。そう努力しょう――
                         トランプつぶやき

そーら、言わんこっちゃない。――安倍総理大臣どの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

ヘリは悪くない

Dscf3115_212日に、「米軍ヘリ炎上」という記事を書いた。このところ連日のようにヘリや軽飛行機の事故が報じられる。写真は今日付け毎日新聞からで、配置のしかたから、二つの軍用ヘリ事故が関連するような印象を持たれる。

左下記事は、原因究明がすむまで飛行停止を求めていた日本政府の要求に、確認が取れないまま米軍が運用再開することに、疑問を投げかけるものだ。

自衛隊機は、UH60Jという救難ヘリコプターで、訓練中であった。ヘリはそもそもが危険な乗り物なのだ。塾頭も現役中、現業所空撮立ち会いのため、3度ほど乗ったことがある。

仕事が終わってヘリポートを出ようとすると、「証明書はいいんですか」と係員に聞かれた。そういえば、勤め先の給与規則にも「危険作業手当」というのがあった。そんなのはもらったことがないが、現場で危険作業をすれば支給される。ヘリ会社の人は多分それを言ったのだろう。

最近は安全度が高くなっているだろうが、ヘリの事故で命を失う人より、救助される人の数の方が比較にならないほど多いはずだ。その任務に当たる人はどれくらい感謝されているかわからない。

警察、消防、海上保安に限らず軍用もその任にあたる。軍用の主目的は、領海の警戒・監視とともに国防・戦闘にも使われる。事故が多いからといってヘリを毛嫌いするのは間違っている。それがオスプレイであっても同様だ。

米軍に基地を貸しているからには訓練も必要。悪いのは、訓練の場所や、移動先、事故が起きても日本の警察権が及ばず、現場検証や原因究明にもタッチできないことだ。占領下と同じような環境に置かれている沖縄では、もっともなことである。

ヘリコプターそのもの罪ではない。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧