« 続・菅官接待 | トップページ | ワクチン担当相の仕事は? »

2021年2月27日 (土)

崖地

 Dscf3749-2

 Dscf3753-3 Dscf3752-2

 この地域にある崖地である。

 写真の看板のように、ここから崖下に向かう細い坂道は、このところ歩行者を含め全面通行止めになるので、思いがけない遠回りを強いられる。

理由はこのところ全国的に蔓延する崖崩れ被害防止であろう。

 塾頭の記憶では、この地域一帯に「斜面緑地保存助成制度」があった。また、崖でなくても緑地規制、建築高度規制、美観区域制限など様々な土地利用制限があると共に古くから豊かな水利に恵まれた土地柄で、それを支えたのが緑地であった。

 万葉集で有名な真間の手児奈が水を汲んだ井戸も崖下の寺院境内にある。写真の小祠もこの崖の下に沸く泉に水天宮を祀り感謝をした名残であろう。

 そういった古来の伝承や資産も平成までで、令和以降は大木も無残に切り倒され、崖を敵視する時代になったのだろうか。

 地球温暖化ガス規制指向に腰が引けている日本の現状が、ここにも垣間見えるということになりそうだ。

|

« 続・菅官接待 | トップページ | ワクチン担当相の仕事は? »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・菅官接待 | トップページ | ワクチン担当相の仕事は? »