« 速報の功罪 | トップページ | 祝祭日の不安定 »

2021年2月10日 (水)

共産圏のトップは誰

 今週はじめから「朝鮮労働党中央委員会総会」が開かれている。同国の最高決議機関は、先月開かれた年1回の「朝鮮労働党大会」である。同党の最高意思決定機関、最高指導機関と定められている全体会議である。

 だが、これは各地区委員会が党員1300人あたり1人の代表から選出した大所帯の会議で、ここで詳細な討議がされ、まとまるわけではない。

 以下のmsnニュースは、北朝鮮国営の朝鮮中央通信が発表した朝鮮労働党中央委員会総会の模様である。これを今回の記事にしたのは、共産圏の政治の仕組みの中では党大会より中央委員会総会の方が権力の中枢にあることを説明する材料にしたいからだ。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は9日、朝鮮労働党中央委員会総会が8日、開かれたと報じた。金正恩(キムジョンウン)党総書記が総会を指導、1月の党大会で提示された国家経済発展5カ年計画の初年度の課題についての報告を行った。

【説明】金正恩の呼称は他に他国の「大統領」に相当する「国家主席」もあるが、結局父親のあとを継ぐ「党総書記」に落ち着いたようだ。ソ連では「第一書記」などがトップに立ち、中国では習金平が第5代中国共産党中央委員会総書記を名乗っていた。日本で「書記」といえば事務的まとめ役をいう。ところが共産圏では党が人民を指導する原則に立ち、その中枢を中央委員会の書記局が担うということになっている。つまり、権力を独裁できる書記が一番偉いのだ。

 今回の総会では、各部門における今年度の事業計画を審議、決定するという。報告で金総書記は、新型コロナウイルスにおける非常防疫を継続しつつ、経済建設を活発に推し進めて人民により安定し向上した生活を提供するための重要な措置を取る決心と意志を表明。国家経済指導機関が今年の闘争目標を立てる過程で表れた「消極的で保守主義的な傾向」を批判し、金属工業と化学工業に投資を集中することなどに言及した。総会は9日も開かれている模様だ。【ソウル渋江千春】

|

« 速報の功罪 | トップページ | 祝祭日の不安定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

人民が一番偉いのだからそれより偉そうな名をつけにくいようです。

投稿: ましま | 2021年2月11日 (木) 13時49分

日本共産党も、トップは幹部会委員長でその下が書記局長になりますし、かつての日本社会党もトップは委員長でした。

共産を名乗る組織の共通点ですよね。

ただ、北朝鮮の場合は権威を誇示するために、役職名を後付けで増やして言ったように感じます。

いずれにしても、名称が似かよって、さらに長くて分り難いです

投稿: 玉井人ひろた | 2021年2月11日 (木) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 速報の功罪 | トップページ | 祝祭日の不安定 »