« 夜の街対策より「うがい」 | トップページ | 日本政治の立秋 »

2020年8月 6日 (木)

江戸川区というお手本

 東京のコロナ感染者数は高止まりしたまま一進一退を繰り返しているが、今日は360人と一進の方に頭を向けた。 

 当地は、江戸川を隔てて東京都江戸川区に隣接している。通勤・買い物には京成電鉄本線とJR総武線が利用され日常の往来も多い。

 また、その両線を利用する利用客は、東京駅・日本橋駅を中心に、千代田区・中央区・港区へ向かう利用客で朝晩は混雑する。

 コロナ情報では、埼玉・神奈川などの一帯に組み入れられ、対策も立てられている。

 テレビを見ていると、新宿・渋谷・練馬など郊外への結節点となるようなところが感染者続発の「夜の街繁華街」として、繰り返しアップされる。

 そこで、当地方面は、ということになるが、東洋経済の調査によれば都の各区別感染者の人口10万人当たりの比率ではやはり新宿区で556.5人。繁華街・六本木やビジネス街・新橋を抱える港区が2番目に多く、若者が集まる渋谷区が3番目、新宿区に隣接している中野区が4番目、繁華街・池袋がある豊島区が5番目と続く。

 最近は家庭内感染が増えているというが、やはり、夜の街関連や会食などを通じた感染が多いことが背景にあると考えられる。

 最少の江戸川区は53.8人で新宿区とは大きな差があるが、この方面から若い人が向かうと考えられる夜の街は銀座・新橋つまり中央区・港区方面だが、この両区はそのバックグランドの広さから見ると少ないといえる。

 江戸川区のサイトを見ると、1日ごとに区内の発生状況の数値を公表しているのに加え、感染者情報を年代、性別、発症日時、勤務地(区内・区外)などが記されている。これらは過去分もすべてチェックできるようになっている。

 たとえば、8月1日は12人の感染者の情報が一覧表でアップされていた。さらに、表外にはそれぞれの患者について、以下のようなチェック事項が記載されている。

 「1番の患者:発症日以降の外出はありません。接触があった方は江戸川保健所が把握しています」

 これらのデータを見れば、区民の関心も高まるだろうし、具体的な感染状況を知ることで冷静な判断材料を得ることができる。

 感染拡大を最小限にとどめたという点では、「検査から療養まで、区が一貫して支援」のスタイルをいち早く構築したことがポイントだ。

 こうした区の姿勢を意気に感じた下町気質の住民たちが協力し、地域が一体となってコロナに立ち向かっている。国や都に依存するのではなく、地域コミュニティの中で行政と住民が手を携えて災禍に立ち向かっていく。江戸川区は、そんなモデルを構築してるからこそ、感染拡大を防ぐことができているのではないだろうか。

 やはり住民には、メリハリの利いた情報提供が一番だと思う。

|

« 夜の街対策より「うがい」 | トップページ | 日本政治の立秋 »

データ・年表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜の街対策より「うがい」 | トップページ | 日本政治の立秋 »