« 「文民」と「武民」 | トップページ | 黒人・白人の区別 »

2020年8月12日 (水)

地球温暖化対策・本気度

【毎日新聞論点7/15より抜粋】

パリ協定 産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度、できれば1・5度に抑えるという目標。それが達成できないと熱波に見舞われる世界の人口の割合は1・5度だと14%だが、2度なら37%に増える。サンゴの生息域の減少は1・5度上昇で70~90%だが、2度なら99%に。0・5度の差で被害が大きく違うことがわかり、欧州を中心に、1・5度に抑えなければいけないという方向。そのためには、30年までに10年と比較して温室効果ガスを45%減らさなければならない。

日本 5年ごとに国連へ提出する温室効果ガス削減目標(「13年度比で26%削減」)の据え置き。旧式の石炭火力発電所は休廃止する方針

ドイツ 石炭火力、2038年までに全廃

発電コスト エネルギー事業を取り巻く環境がここ数年で急速かつ大きく変化した。新設の電源では、2014年は大半の国で石炭火力が最も安かったが、19年には世界の約3分の2の国で再生可能エネルギーが石炭より安い電源になっている。

 日本でも20年代には自然エネルギーの発電コストの方が化石燃料より安くなると言われており、経済的合理性もある。

 新設の電源では、2014年は大半の国で石炭火力が最も安かったが、19年には世界の約3分の2の国で再生可能エネルギーが石炭より安い電源になっている。

|

« 「文民」と「武民」 | トップページ | 黒人・白人の区別 »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「文民」と「武民」 | トップページ | 黒人・白人の区別 »