« コロナとニュースバリュー | トップページ | 立民・共産・社民の一体化 »

2020年8月 9日 (日)

「世間をお騒がせ」

 「世間をお騒がせして、申し訳ありませんでした。深くお詫び申し上げます」

 テレビで頻繁に見かける長テーブルを前にして、数人が雁首をそろえて最敬礼する侘び口上である。この不思議な場面は、いつか取り上げてみたいと思っていた。

 たまたま「つんどく」になっていた、王敏『日本と中国――相互誤解の構造』2008年、を読み直したら、「お騒がせ」というこの謝罪表現についてこう書いてある。

 謝罪したから、「禊は済んだ」とする姿勢は、中国人には理解できない。理由は、善と悪を分けて掘り下げ、分析したうえでの中国的謝罪にまで至っていないので、中国人にとっては納得しにくいのである。

 この著者の中国人は、この詫び方が日本で一般的に通用する口上だ、と思ったのだろうか。満州に始まる中国侵略・南京事件・シナ事変などの侵略に対してあてはめるのは、大誤解である。

 塾頭がブログに書こうと思ったのは、塾頭も世間の一部だとすると「塾頭は騒いだりしてないよ。そんな商品は知らないし注文したこともない、騒いだのは世間でなくマスメディアでしょう」、ということだった。

 そして、お詫びする具体的な相手や内容には一切触れていない。「世間をお騒がせ」だけで逃げてしまおうとする姿勢である。

 理由は、刑事事件になったり、消費者訴訟へ発展したり当局の認可に影響させないという配慮があるのだろうか、と想像するしかない。

 前掲書の王さん!。国際問題とは関係ありませんよ。

 

|

« コロナとニュースバリュー | トップページ | 立民・共産・社民の一体化 »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

玉井人ひろた さま
そう、中国に対してだけでなく、アメリカに向けても同様です。これが漢字文化を共有する中国を誤解させるだけでなく、英語になるとなおチンプンカンプンでしょうね

投稿: ましま | 2020年8月 9日 (日) 21時06分

世間の皆さん、あらゆる手段、多角的考察、万全を尽くすなどの言い回しは、まるできめ細やかに対策を講じているかのように感じる、日本語独特の言い方ですね。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年8月 9日 (日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナとニュースバリュー | トップページ | 立民・共産・社民の一体化 »