« 谷町をころがしたコロナ | トップページ | 日本語の迷走 »

2020年7月27日 (月)

正式国名

 アメリカ合衆国(USA) この呼称は、ずーっと変わらない。ソビエト連邦共和国は改革・解放をへて国名が「ロシア連邦」になった。

 今日は、軍政下のタイ王国混乱の記事がヒントで、(正式)国名を考えた。日本は、「大日本帝国憲法」を「日本国憲法」に変えたときから正式名称は「日本国」となり、それが国連でも通用する。

 象徴天皇がいて皇室外交はあるが、「王国」ではなくそう呼ばれることもない。世界で最も多いのが「共和国」がつく国である。政体はそれに近いのだがこのように、単に「国」をつけただけの国はあるのだろうか。

 オマーンは絶対君主制国家だが、単に「オマーン国」とするだけで王国とはしない。固有名詞+国は、カタール国・エリトリア国・クウェート国・モンゴル国・イスラエル国・モンゴル国などがあるが、ことさら日本との共通点はない。

 一番長いのが英国で、正式には、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国である。名は体をなしているようだが、王国の影は薄い。

 逆に何もつけない国がある。インド・アイルランド・ウクライナ・ハンガリー・カナダ・ニュージーランド・マレーシア・ジャマイカ・ジョージア・ルーマニアなど、旧英植民地を中心に多い。

 EU内はさまざまだ。オーストラリア連邦・スイス連邦・ドイツ連邦共和国などの歴史を踏まえ連携することの意義が示されている一方、モナコ公国やバチカン市国のような特殊性を持つ小国もある。

 中華人民共和国・朝鮮民主主義人民共和国・アルジェリア人民民主主義共和国などは、共産党独裁国家かと思えるが、アルジェリアは地中海のフランスのイメージが強く、全く合わない。

 ボリビア多民族国家やサモア独立国、パプアニューギニア独立国という名称を持つ国も見つけたが、国名は各国好き好きにつけたようで、調べただけ無駄骨だった。

|

« 谷町をころがしたコロナ | トップページ | 日本語の迷走 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

玉井人ひろた さま
そうか、外務省製の独善名称だったのですね。和食ブームだといって浮かれていたら間違ってしまう。気を付けるべきことです。
それから、官邸文書は信用しないことです。

投稿: ましま | 2020年7月28日 (火) 20時08分

お言葉を返すようで恐縮なのですが、これらの名称は日本国内で外務省が公式としている名称で、正式名称ではないと思います。
ほとんどが、英語表記の直訳のようなものようです

例えば、タイは「プラテート・タイ」、インドは「バラート・ガナラージア」というのが正式な名称だとしています。

韓国は、韓国自身が「大韓民国(テイハミンゴ)」と名乗っているので、日本はそれを正式としていますが、英語表記を直訳すると「朝鮮共和国」になってしまいますね。

そもそも、英語表名称には「共和国」を付けた国家がのほうが稀ですね。

日本も「NIPPON」をNHKは採用していますが、国際的にはJapanになってしまいますことは、残念です。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年7月28日 (火) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 谷町をころがしたコロナ | トップページ | 日本語の迷走 »