« WHO強化と日本 | トップページ | 検察庁法改正は廃案へ »

2020年5月14日 (木)

一喜一憂の自由

「感染者数増減に一喜一憂するな」という。

 日々のニュースはどこを見てもコロナ一色。ほかに一喜一憂するような材料は、身の回りから奪い去られているのだ。

 わが千葉県では、14日、県・市の統計で3月30日以来45日ぶりに新感染者ゼロを記録したとマスコミが伝えた。

 統計によっては3月14日以来というのもある。たしかに、不確実な統計で一喜一憂する(科学的)根拠にはならない。

 ただ、どんな統計であろうと、ニュースを見聞して一喜一憂するのは、個人の自由だ。快哉を叫ぶ自由を奪う権限はどこにもない。

 今夜は、気分良く眠れる。

 

|

« WHO強化と日本 | トップページ | 検察庁法改正は廃案へ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WHO強化と日本 | トップページ | 検察庁法改正は廃案へ »