« 『甲陽軍鑑』 | トップページ | 薬効疑惑、トランプも »

2020年5月23日 (土)

一転!アビガンは無効

 安倍内閣を見ていると、今や、酔っぱらい蛇行運転、高速道路逆走、信号無視……なんでもありの暴走そのもの。だれも止める人がいないように見える。

 以下のようなスピード違反は、だれにもとがめられないとでも思っているのだろうか。

 新型コロナウイルス感染症の治療薬候補アビガンを巡り、国の承認審査にデータを活用できると期待された臨床研究で、明確な有効性が示されていないことが19日、分かった。複数の関係者が共同通信に明らかにした。感染した著名人がアビガンの投与後に回復したと公表し、安倍晋三首相は「5月中の承認を目指す」とするが、現時点で薬として十分な科学的根拠が得られていない状況だ。

 アビガンは催奇形性の問題などがあり、専門家からは「効果や安全性を十分確認せずに進むのは納得できない」「月内の承認方針は前のめりだ」などの声が出ている。

 アビガンの名称は、やや太い大きな錠剤とその瓶の写真とともに、TVメディアが繰り返し放映し、薬効が期待できる国産の薬剤で、海外からの引き合いも多い。大増産できるよう政府の支援も期待されている、というような内容だった。それが一転、逆走を始めることになる。

 たまたま製造元の親会社・富士フイルムホールディングスが522日大引け後(15:00)に決算を発表。203月期の連結税引き前利益は前の期比18.7%減の1730億円に減り、従来予想の2300億円を下回り、増益予想から一転して減益という内容だ。

 来期見通しもなく、メーカーは効用に疑問のある事を知っていた。ここで前評判を打ち消し、安全運転に切り替えたかったのだろう。

 そうすると、アビガン・ブームは、一体だれが先導したのかという疑問が残る。ネット上では、政治目的への疑念がすでに出始めているが、罪滅ぼしの意味でメディアは徹底追及をしてほしい。

|

« 『甲陽軍鑑』 | トップページ | 薬効疑惑、トランプも »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「丸山ワクチン」発表されたのが田中内閣末期、46年も前です。忘れかけているのを思いだいました。いまだに結論に至っていないのですね。ウイルスは細菌よりもっとむつかしそう。

投稿: ましま | 2020年5月24日 (日) 10時15分

本当に効かないのであればアビガンは「丸山ワクチン」ですね

投稿: | 2020年5月24日 (日) 02時54分

そう読まないとつじつまが合わないことばかり。専門家の先生も「追い切れていない」のを承知で先取りしたがる政治家の手のひらで踊っているのはなぜでしょう。

投稿: ましま | 2020年5月23日 (土) 20時43分

現在、コビッド-19は何種類にも増加していることが判明しています。
ですから、そこまで増えていなかったころ、つまり初期の「武漢型ウイルス」にはある程度の効果があったのかもしれませんね。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年5月23日 (土) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『甲陽軍鑑』 | トップページ | 薬効疑惑、トランプも »