« 抗体検査 | トップページ | 日米同盟と自衛隊の関連 »

2020年4月21日 (火)

原油を買うとお金がつく

 週明け20日の米ニューヨーク商業取引所で、原油価格の指標となる米国産WTI原油の先物価格(5月物)が1バレル=マイナス37.63ドルと、史上初めてマイナス価格で取引を終えた。(朝日新聞04/21)

 「石油・エネルギー」というカテゴリを設けている本塾だが、こんな話はかつて聞いたことがない。

 それを買った人がそのまま5月まで持っていると、5月にはその原油が届けられ、おまけにバレル(159リットル)当たり37.63ドルのお金が付いてくる。もしその時点でコロナに解決の目途がつき、景気回復が見込めるとなれば原油価格先物は急騰し、そこで原油を売りに出せば大儲けができる。

 10日付けで、OPECがアメリカなどを含む拡大会議を開き、日量1000バレルの生産調整により原油価格維持を目論む、という記事を書いた。サウジ皇太子の期待通りにはならず、手痛い失敗を被るだろうというのが内容だ。

 しかし、ただより安くなるとは考えていなかった。

|

« 抗体検査 | トップページ | 日米同盟と自衛隊の関連 »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 抗体検査 | トップページ | 日米同盟と自衛隊の関連 »