« 四角と丸の文化 | トップページ | コロナのイタチごっこ »

2020年4月 3日 (金)

マスク2枚の効用

 1日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、安倍晋三首相が布製マスクを全国5000万余りの全世帯に2枚ずつ配布すると表明したことに対し、ネット上で「マスク2枚でごまかすな」などの批判が強まっている。保守派論客の批判もあり、首相と親しい作家・百田尚樹氏が「なんやねん、それ」とつぶやくなど、首相の支持層からも不評のようだ。【大場伸也】<毎日新聞04/02>

 今度ばかりは評価する意見が見当たらない。役人が考えて考え抜いた方策とは到底思えない。「浅知恵」という言葉がぴったり当てはまる。いったいどこからでてきたのだろうか。経産省出身の官房官僚という報道もあるようだが「上意下達」以外にはなさそうだ。

 なぜ2枚なのか。

 1枚は、森友学園問題の口封じ、もう一枚は加計学園問題の口封じ用なのかも知れない。2枚ではまだまだ足りない。桜を見る会問題、検察官定年延長問題、口封じをしたい案件はまだまだ続く。

 コロナと同じ。そのうち消えてなくなることを期待しているのだろう。

 

|

« 四角と丸の文化 | トップページ | コロナのイタチごっこ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

所管する省庁が見当たらないということは、内閣官房ということになるのでしょうか。
どこから来た見舞い?

投稿: ましま | 2020年4月 3日 (金) 13時15分

安倍総理の地元で総理と親しいマスクの製造メーカーが、このマスク騒ぎで要らぬ噂をSNS上で立てられ大迷惑をこうむっているようです。

身内にも迷惑をかけての配布、単なる‘お見舞いの粗品’ですよね。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年4月 3日 (金) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四角と丸の文化 | トップページ | コロナのイタチごっこ »