« 土曜日の雨とコロナ | トップページ | 理想と政治のはざま »

2020年3月29日 (日)

(再)北朝鮮ミサイル

 韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮が今朝6時10分ごろ、東部の江原道・元山付近から北東の日本海に向けて、短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体2発を発射したと発表した。飛行距離は約230キロ、高度は約30キロと探知している。

 日本でもキャッチ、日本の経済水域外に落下したことをつかんでいるが、全く同様な事態が8日前にあったばかりだ。

 本塾は22日付で「北朝鮮ミサイルは民族衣装」という記事を書いたが、今回も、世界のコロナ騒ぎから北に目を向けさせたいためだとか、国内の動揺を抑えるためだとか、的を射たと思える識者の観測はない。

 韓国の総選挙は415日、あと半月に迫った。南北関係など保革が割れる定番の争点は吹っ飛び、コロナ対策でストレスがたまった韓国民の批判が、文在寅(ムン・ジェイン)政権と与党「共に民主党」(以下、民主党)に向かっている。与党に逆風の構図だ。

 やはり、「朝鮮民族に似合う衣装は、これしかないではないか」と北朝鮮ミサイルが言っているように見えるのである。

|

« 土曜日の雨とコロナ | トップページ | 理想と政治のはざま »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜日の雨とコロナ | トップページ | 理想と政治のはざま »