« サウジが大変貌 | トップページ | 中国の奥深さ »

2020年3月 9日 (月)

ついに出ました「戒厳令」

 3月5日の「安倍首相のいそばが回れ」で、内閣の緊急事態法案上程の動きに「戒厳令」という言葉を使い、さらに前々回、マスコミの突っ込みがなまぬるいことから「緊急事態宣言と戒厳令」と題名に戒厳令を入れて、その危険性を強調した。

 今の人は「戒厳令」ではピンとこないのかな、とも思ったが、9日の毎日新聞夕刊に載ったほぼ一面全部を使った「特集ワイド」で、ようやく出てきた。

 大見出しは、どさくさ紛れに「改憲実験」?、とある。ブッシュ大統領による戒厳令の例を引いたあと、こう続ける。

戒厳令とは非常事態に際して憲法を停止し、国民の権利を制限して議会の力を弱め、政府に絶大な権限を与えるものだ。日本でもこれを想起させる動きが一部で顕在化している。(後略)

 現行日本国憲法にはこう書いてある。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その権利は国民がこれを享受する。(中略)われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 ということは、緊急事態法案は、書き方によって憲法が禁止している法令を作ろうとしていることになる。

|

« サウジが大変貌 | トップページ | 中国の奥深さ »

憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サウジが大変貌 | トップページ | 中国の奥深さ »