« 岐路に立たされる検察 | トップページ | わからないコロナ用語 »

2020年3月20日 (金)

権力を目指す人は

 戦国大名の嚆矢とされ、自国領拡大に余念がなかった北条早雲が、座右の銘としていたとされる『早雲寺殿廿一箇条』からひく。

一、歌道なき人は、無手に賤き事なり。学ぶべし。常の出言に慎み有べし。一言にて人の胸中しらるゝ者也。

|

« 岐路に立たされる検察 | トップページ | わからないコロナ用語 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岐路に立たされる検察 | トップページ | わからないコロナ用語 »