« イエスキリスト自戒のすすめ | トップページ | 聖火を授かったのは首相でない »

2020年3月26日 (木)

コロナの東京都対策

 昨夕、都知事がコロナウイルス感染者が都内で二日連続で10人台だったのが昨日1日で40人台に増えたとして記者会見を開いた。

 メディアの前宣伝もあり、よほど劇的・効果的な対策でも発表するのかと思った。

その内容

・今の状況を一言でいうと『感染爆発の重大局面』である

・感染拡大を防ぐには、都民の協力が重要

・都民に対し、今週末は不要不急の外出を自粛するよう強く要請

感染拡大を防ぐための具体的な行動として、

・屋内屋外問わずイベント参加は控える

・平日はできるだけ自宅で仕事を行う

・週末は急ぎではない外出を控える

・夜間外出は控える。

 具体的とはうらはらに、すぺての項目に、「できるだけ」とか「控える」という文言の入る協力要請で、全国向けのニュースで聞き飽きるほどくり返されたことがらばかりだ。

 その程度のことは、全国民の心がけとなっている。テレビは閑散とした繁華街の模様を写す。その一方、渋谷のスクランブル交差点など、マスクをしていない若者があふれているような光景もある。

 都知事発言は、そういった警戒心のない若者に向けたものなのだろうか。彼ら彼女らは学校が休みになっていることを知らないわけがない。それなのに傍若無人の振る舞いをしているように見えたのだろうか。都知事は、彼ら彼女らの意見を聞いてみたことはあるのだろうか。

 状況を無視した振る舞い行動が繰り返されていることに危機感を抱くのであれば、都知事の権限ででできる警官や職員などの利用、必要があれば都条例新設を検討するなど、頭をひねって具体的な方法を都民に提示し、都民に深刻さを認識させる手はあるはずだ。アメリカやヨーロッパではすで具体案が進行している。

 知事を茶化すつもりはないが、テレビ出演の機会を増やしたかっただけではないか 

 

 

 

|

« イエスキリスト自戒のすすめ | トップページ | 聖火を授かったのは首相でない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イエスキリスト自戒のすすめ | トップページ | 聖火を授かったのは首相でない »