« ハイタッチは消毒してから | トップページ | 自衛隊の力 »

2020年2月11日 (火)

建国記念の日

 ――ということで、今日は学校も官庁も国民の祝日だからお休み。「建国記念日」ではなく記念の日と「の」が入っているのはなぜか調べた。

 敗戦の年まで「紀元節」で、昭和15年は「紀元2600年」とされて、戦意高揚に最大限利用されたが、戦後はGHQの批判や、神話の時代で日取りも不確かだという反対論があり「の」を入れてごまかしたのが真相のようだ。

 祝うにしては根拠薄弱、学校ではどう教えているのだろう。ちなみに、各国の建国記念日も調べてみた。ほとんどの国は「独立記念日」とか「革命記念日」としており、紀元前にその日取りをあてているのは、日本と韓国だけである。韓国は日本のポツダム宣言受諾を受け、815日も「光復節」という独立記念日にしている。

 日本が根拠としている『日本書紀』はどう書いているか。(岩波文庫版準拠)

辛酉年の春正月の庚辰の朔(ついたちのひ)に、天皇、橿原宮に即帝位(あまつひつぎしろしめ)す。

 その目的については、

夫れ大人制(ひじりのり)を立てて義必ず時に随ふ。苟も民に利有らば、何ぞ聖の造(わざ)に妨(たが)はむ。且当(まさ)に山林を披(ひら)き払ひ、宮室を経営(をさめつく)りて、恭みて宝位(たかみくら)に臨みて、元元(おほみたから)を鎮むぺし。

(中略)然して後に、六合(くにのうち)を兼ねて都を開き、八紘(あめのした)を俺(おほ)ひて宇(いへ)にせむこと、亦可(よ)からずや。

 即位の年月は、暦のない時代のことで後世になって旧暦をあてはめた。伝承があったにしても証明はできない。

 国という表現はあるが、大和の国すら統一できていない時代のことである。「六合(くにのうち)」は大和のくにで、現在の国家と一緒にしては本当の歴史が成り立たなくなる。

 ところが、明治になってから強引に新暦の2月11日を建国記念日にしてしまった。

 だから、明治復古調の日本にこだわる人以外には、とても祝う気にはなれない日なのだ。

 今朝の朝刊を見ても、「建国の日」に触れた活字はいっさい見あたらなかった。ただ一カ所あつたのが、題字下の「本日の夕刊を休みます」だけだった。

 国民の祝日は、すべて見直して、新規・再編成を考えてもいい時期にきている。

|

« ハイタッチは消毒してから | トップページ | 自衛隊の力 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

よその国の建国記念日に、お祝い広告をだしてほしい、という要請が現役時代に広告代理店からよくありました。
安かったのでほとんど応じていましたが、そんなことで関心があるのかも知れません

投稿: ましま | 2020年2月12日 (水) 19時43分

「の」のありなしなんて考えた事も無かったです。
ほんと根拠に欠ける祝日が多いと思いますね。

投稿: もうぞう | 2020年2月12日 (水) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイタッチは消毒してから | トップページ | 自衛隊の力 »