« ウイルスの発見 | トップページ | 日記の書き方 »

2020年2月19日 (水)

焦点はフィリピンに

 フィリピンが国内での米兵の法的地位を定めた「訪問軍地位協定」の破棄を11日に米国側に通告し、両国の同盟関係が大きく揺らいでいる。このままだと8月に失効する見通しで、米軍との合同軍事演習もなくなる可能性がある。この地域で米軍の存在感が弱まれば、中国との領有権問題を抱える南シナ海の周辺国などにも影響が及ぶだろう。【ジャカルタ武内彩】(毎日新聞02/19)

 他のテーマを考えていたが、上の記事を見て変更した。ずーと長い間ウオッチする外電は中東だったが、フィリピンは、より日本に近くアジア全体に重大な影響をもたらすことになりそうだからだ。原因は麻薬取締の行き過ぎのようだがくわしいことはわからない。

 戦後、中学校で先生から聞いた話は、「3S政策」についてだった。

 スペイン戦争でフィリピンを奪取したアメリカが住民に施した政策は、3S、スポーツ・セックス・スクリーンでフィリピン人を洗脳し弱体化することで、アメリカ占領軍もきっとこの方針で日本に臨む、という内容だ。

 戦争中、日本軍は米軍をフィリピンから追い出した。守備を任されていたマッカーサーは「ここに必ず戻って来る」と言い残しその通りになった。

 そして、バターン死の行進、日本兵の悲惨な死、マルコス・アキノなど個性的な大統領、ミンダナオ島のイスラム勢力跳梁など様々な変転はあったが、南シナ海を挟んで中国と対峙、台湾の現状を維持するうえで、アメリカにとっては最前線基地だったのだ。

 本塾は、日米安保の地位協定改定に手をつけるよう主張しているが、フィリピンが一挙に破棄にまで進み、トランプが「気にしない、節約になる」などというようでは、安倍首相も慌てざるを得ないだろう。

 これからは、最優先でウォッチしなければならない問題だ。

|

« ウイルスの発見 | トップページ | 日記の書き方 »

安保」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウイルスの発見 | トップページ | 日記の書き方 »