« 法治国家でなくなる | トップページ | 防衛費比較 »

2020年2月15日 (土)

内閣支持率逆転

 世論調査に一喜一憂しない、という本塾の方針だったが、今回は例外である。

 時事通信が6~9日に実施した2月の世論調査で、内閣支持率と不支持率が1ポイント以上の差をつけて逆転した。

 通信社の世論調査は、大手マスコミがそれぞれ独自の調査を行い、それを自社メディアに使うため気付かれないことが多い。

 今回の時事調査を皮切りに、他の調査も軒並み同様の傾向を示すのではないか、ということと、与野党の政治家にとっては、無関心で済まされないようなタイミングになっているということだ。活発な駆け引きが始まり、政変のきっかけになりかねないと思うので触れておくことにした。

時事ドットコムより

時事通信が6~9日に実施した2月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比1.8ポイント減の38.6%、不支持率は2.8ポイント増の39.8%となった。不支持率が支持率を上回ったのは、森友・加計学園問題で政権不信が高まっていた時期の2018年8月以来1年6カ月ぶり。支持率3割台は19年3月以来。(以下略)

 

|

« 法治国家でなくなる | トップページ | 防衛費比較 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

石破さんは堅物で性格はいいかもしれないが、防衛軍創設の憲法草案を作った人。岸田さんに化けてほしいです

投稿: ましま | 2020年2月15日 (土) 20時53分

自民党内では、次期岸田内閣を後押しするグループができていますから、不支持が加速するかもしれません。

ちなみに、岸田内閣誕生を目指す事務局長に、私の選挙区=福島2区の根本匠衆議が就任しています。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年2月15日 (土) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法治国家でなくなる | トップページ | 防衛費比較 »