« 決戦戦争と持久戦争 | トップページ | 政局にならない言葉 »

2020年1月14日 (火)

小正月&小春日和

 明日は小正月である。今日は日差しが暖かく、淡い雲がわずかに浮かぶ「小春日和」といった感じの天気である。

 これを小春日和というと、日本語では間違いで、晩秋から初冬の日和をいうのが正解だ。

 そんなことは、だれが決めるのだろうか。文化庁広報誌「ぶんかる」にこう書いてある。

晩秋から初冬の頃の,穏やかで暖かな天気のことです。「春」という言葉が使われていますが,春の天候ではありません。

 続けて、平成26年度の「国語に関する世論調査」で,「小春日和」の意味を尋ねた結果が載っている。

〔全体〕

(ア)初冬の頃の,穏やかで暖かな天気・・ 51.7

(イ)春先の頃の,穏やかで暖かな天気・・ 41.7

(ア)と(イ)の両方・・・・・・・・・   3.1

(ア)や(イ)とは全く別の意味・・・・   1.8

分からない・・・・・・・・・・・・・・   1.8

 安倍内閣の支持率ではないが、結構せっている。

 年齢別に見ると,30代以上では,本来の意味である(ア)を選択した人の方が多く,特に50代と60代では,他の年代よりもその割合が高くなっており,20代以下の若い年代では,(イ)の方が多く選択されていて、若い年代を中心に,「小春日和」の本来の意味が理解されにくくなっている、という解説になっている。

 そして最後に、

本来は,真冬などには使われなかった言葉ですが,陰暦10月の別名であったことを知らなければ,1月や2月にもたまに訪れる暖かな日に「小春日和」と言ってしまうのも分からないではありません。

と書いてある。塾頭は断然若い方に「一票」入れておく。

|

« 決戦戦争と持久戦争 | トップページ | 政局にならない言葉 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

玉井人ひろたさま
小学生の時、俳句をならいました。季語などというむつかしいことは要求されず、季節を感じさせる内容があればいいとされました。
下の句で大変ほめられたのが「カランコロンと下駄の音」でした

投稿: ましま | 2020年1月14日 (火) 20時33分

わたしも以前は春の言葉だと思っていたことがありました。
よく考えれば、男に「男勝り」と言わないように、春に春の言葉をつけるのはおかしいわけです。

ちなみに、冬と春の堺は「立春」ですので、1月に小春日和を使っても俳句的には問題ないと思います。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年1月14日 (火) 19時58分

和久稀世 さま
コメント、重ねてお礼申し上げます。
小ぎれい、という言葉もありますが、感じとすれば清潔ということでしょうか。
日本語はむつかしいので、外国人に説明するのに文化庁も大変のようです。

投稿: ましま | 2020年1月14日 (火) 18時19分

小春日和と言えば、
小学校卒業の時担任の先生が、クラス独自でガリ版刷りの文集を作ってくださったのですが、
その表紙に担任の先生の和歌
 小春日の窓に流れる雲眺め
 別るる子等を思いつつおり
が麗々しく書かれていました。

私はその和歌がとても素敵なものと思え
未だに記憶しているのですが、
この和歌を見た時父が、
小春日という言葉と、
別るる子等とは、
結び付かないんだけどね、
と言っていたことが思い出されます。

俳句をかじったことのある者には、黙って見過ごせない事だった様です。

所で、以前こちらにコメントさせて頂きました時、
自分の名前を書き忘れていたことがあり気になっていました。
遅ればせながら、失礼をお詫びさせて頂きます。
(幼稚園建設を反対する近隣住民の事を書かせて頂きました時ですが・・・・・)

投稿: 和久希世 | 2020年1月14日 (火) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決戦戦争と持久戦争 | トップページ | 政局にならない言葉 »