« 穏健なイスラム原理主義 | トップページ | あいまいな天皇論 »

2020年1月22日 (水)

立憲民主党のままでいい

 立憲民主党と国民民主党は21日の幹事長会談で、協議を続けてきた党の合流を当面見送ることにした。

 大賛成である。旧・民進党が前原誠司代表と小池都知事の画策で党分裂を招いた際、野党色を鮮明に打ち出す政党として誕生したのが「立憲民主党」である。

 その命名に、当時「よしっ!」と声をあげてしまった。政党名に「立憲」をつけたのは、戦前にあまたあるものの、戦後はない。

 1890年(明治23)1回衆院選には、立憲改進党が46名と第2位をしめたのをはじめ、その前後には立憲〇〇党などと名付ける政党が続出した。

 立憲改進党は1882年、大日本帝国憲法発布に先立って結成されたが、それまでは議会がない「有司専制」の時代だった。伊藤博文らが作った憲法は、ヨーロッパで王制を敷く各国の憲法を参考にしものである。

 君主は、議会の決定を超える権限を持たないという立憲主義を採用したものである。

 国政を担うのは、天皇や天皇を取り巻く公卿たちでなく、また、幕閣や、有力藩閥でもない。所定の手続きで選抜された国会議員がこれにあたり、その責任も負うことになったのだ。

 そこから、既存権力と対峙する「政党」の存在を強調する必要もあり、「立憲」を表に立てることにしたのだろう。

 そういった意味で、安倍自民が唱える、アメリカから押しつけられた憲法などとの憲法軽視の政治をはっきり拒否し、憲法違反に厳正な監視の目をおこたらない態度、これを、新党の柱にしなければならないということから、この命名がふさわしいと感じた。

 野党合同のあいまいさと、ふらつく政治は、決して国民が支持するところでない。合流見直しの決定は正しく、党名変更の必要はしない方がいい。

|

« 穏健なイスラム原理主義 | トップページ | あいまいな天皇論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

同じ液体でも水と油では一緒になれません。

投稿: ましま | 2020年1月23日 (木) 21時07分

グループのでき方が対立ですから、もともと無理なことですよね。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年1月23日 (木) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 穏健なイスラム原理主義 | トップページ | あいまいな天皇論 »