« 中東情勢の急変貌 | トップページ | 温暖化のせい »

2020年1月18日 (土)

チバニアン

 今日の新聞の1面記事は、活断層や火山爆発への検討が十分とする、伊方原発再開差し止めに関する広島高裁の判決。25年目にあたる阪神大震災の回顧と鎮魂。それに、千葉県市原市で見られる、地磁気逆転の証拠を示す地層を、「チバ二アン」と命名する国際地質科学連合の決定。その3題である。

 すべてが、地学に関連するというのは、ちょっと珍しい。

 そして、千葉県版・地方面ではほぼ全面をチバ二アンで埋め尽くす。地域の誇り、と大書する見出しだ。

 県民である塾頭は、隅から隅まで読み返したが、なにが誇りなのか、よくわからない。

 たしかに、マイナスイメージではない。このところ、風水害下の知事の不可解な行動、相次ぐ凶悪事件発生や犯人の出身に関する報道で、評判を悪くしている「千葉」。

 皮肉にとれば、そうでないところが「誇り」なのだ、と理解しておいた。😵

|

« 中東情勢の急変貌 | トップページ | 温暖化のせい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

もうすでにお座なりの歓迎コメントを出しています。何もなかったように化けるのは、もとテレビタレント。お手のものです。

投稿: ましま | 2020年1月18日 (土) 20時03分

話題の千葉県知事が、この決定にどんなコメントや、どんな顔で式典に参加するのかが話題ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2020年1月18日 (土) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中東情勢の急変貌 | トップページ | 温暖化のせい »