« 「恩赦」の不透明 | トップページ | 世界の常識と逆の韓国憲法 »

2019年10月20日 (日)

パクスアメリカーナの終焉

日仏、イラン金融支援

イラン、サウジに接近

 上が今日の毎日新聞1面トップ記事見出し、下が同紙国際面トップ記事の見出しである。

 世界の軍事・経済を一手に支配してきたアメリカが、ついにここまで落ち込み、だれも予想しなかったような大転換が今始まろうとしていることを示す記事だ。

 パクスアメリカカーナはいつからか、を特定するのは困難であるが、中東関連に限れば1947年に米系メジャーズの合弁会社アラムコのサウジ進出と1954年イラン進出以来、つまり第2次大戦を経て世界の石油資源独占体制を確立した時期に重なる。

 本塾もたびたび触れてきた。イランはホメイニ革命があり、米大使館を長期間学生に占拠されるという屈辱を受けて以来、不倶戴天の敵である。

 イラクとは、反イランで一時同盟関係にあったが湾岸戦争以来、イラクを壊滅に追い込み、ISがイラク・シリアの混乱に乗じて勢力を持つとこの対策のため、引くに引けなくなった。

 この間隙をついて、イランの革命防衛隊が着実に勢力を伸ばし、核開発能力を有していることも、イスラエルにとってもっとも警戒すべき相手国になった。

 米欧とイランの6か国で核兵器抑止の条約があったのを、トランプが一方的に破棄、厳しい経済制裁とペルシャ湾で軍事力展開をする目的で同志国を募るなど、一触即発の状態であった。

 その中での、日仏のイラン金融支援は、アメリカの政策に真っ向から対立し、イランを力づける。

 もう一つの記事、サウジはイスラム教聖地メッカ・メジナを領土内に置き、つねにイスラム・スンニ派の盟主として振るまってきた。

 それに異を唱えるのがシーア派のイランである。この両派の対立に妥協の道はない。つねに戦争の危機をはらんでおり、イエメンでは両派の武力抗争のさなかにある。

 アメリカは、それを利用して旧来から密接な同盟国であるサウジに肩入れし、イランをけん制してきた。

 その、イランがとサウジと接近というのは、両国ともアメリカの力を見くびった、あるいはアメリカから得るものは何もない、ということが露見し始めたということか。

 日本も、いろいろ考えなくてはならない時期に来ている。

|

« 「恩赦」の不透明 | トップページ | 世界の常識と逆の韓国憲法 »

中近東」カテゴリの記事

コメント

和久希世さん
講和条約を結んでも冷戦激化で米軍を撤退できず、まず警察予備隊、保安隊、それが自衛隊になり、岸信介による安保となりました。つまり戦後レジームがいまだに解消できないでいるのに気が付かない人がいます、だれでしょう

投稿: ましま | 2019年10月21日 (月) 17時51分

>日本も、いろいろ考えなくてはならない時期に来ている。

そういう時期に来ていることは間違いないでしょうね。
でも、それをさせない為アメリカは、
安倍さんを替えさせないのかも知れませんね。

日本は戦後、アメリカのお陰でと言うか、
西欧勢力の一員にしてもらって、
暫く、いい目を見せてもらってきた分、
「この期に及んで逃げるなど許さん」と、
米軍は日本がちょっとでもアメリカに違背しそうになったら,
どんな荒事でもやりかねない気がします。

それが日本の指導層に、
安倍政権を終わらせることが出来ないわけなのではないでしょうか?
(考えすぎでしょうか?)

所でサウジアラビア等の歴史について、
マスコミに載らない海外記事に
面白い記事が載っていましたね。

世界がひっくり返った
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-22e006.html

投稿: 和久希世 | 2019年10月21日 (月) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「恩赦」の不透明 | トップページ | 世界の常識と逆の韓国憲法 »