« 自衛隊・中国海軍の共同訓練 | トップページ | 警察犬投入 »

2019年10月23日 (水)

遠のいた竹島問題+即位行事

 前回、尖閣問題で中国と話し合うチャンスをさぐれという文を書いた。領土問題ではあと竹島と北方領土がある。

 韓国が戦後になって李承晩ラインを引いたことにより、島根県の竹島は韓国が実効支配、そのまま続いている。

 この場合も、明治以前は所属がはっきりしていなかったことや、日本が武力を行使して取り返すということもできないため、占有実績を認めざるを得ない。そのかわりに、日本の入会権も確立するというような解決方法を考えたことがある。

 しかし、それはなくなった。徴用工問題、慰安婦問題など話しあって何かを決めても、後であっささりほごにされるような国とは、まともな交渉ができない。

 文政権に大きな転換がなければ、動こうにも動けないという大問題の解決の方が先になった。

 その韓国からも天皇即位祝賀行事に親日家で知られる李洛淵(イナギョン)首相が参加した。

 191の国・機関が参列したということは、世界のほとんどの国が参加したと言っても過言ではない。

 世界は、天皇が平和憲法を国民統合の象徴とする存在であり続けようとしていることと、即位礼がその確認の場になることも知っている。

 その中で日本共産党が欠席し社民党も4議員のうち3人が欠席した。その感覚の鈍さは、これまた世界級である。

|

« 自衛隊・中国海軍の共同訓練 | トップページ | 警察犬投入 »

憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自衛隊・中国海軍の共同訓練 | トップページ | 警察犬投入 »