« 公器・新聞の危機 | トップページ | 戦争と米国民の意識 »

2019年10月15日 (火)

トルコと韓国

 国際報道の中で、トルコによるシリア内のクルド族攻撃は、シリアアサド政権によるトルコの反撃、ヨーロッパ諸国のトルコ非難、そしてアメリカによる対トルコ経済制裁など、塾頭が想像していたように四面楚歌状態になった。ロシアの動きは報じられていないが、アサド政権の後見で地中海に海軍基地を確保する上でもトルコの肩を持つはずがない。

 本塾は日本の出る幕はないと予測したが、トルコが強気で中央突破する道は閉ざされたとしていいだろう。

 遠いところでも、パワーポリティクスとか地政学的観測といった想像は可能である。

 ところがお隣の国、韓国では注目の的であった曺国(チョグク)法相が電撃的に辞任を発表した。就任から35日目、検察改革法案を自ら発表してからわずか3時間後のことである。

 自ら検察改革断行を理由に、家族の不始末とは別という、日本ではちょっと考えられないような強硬姿勢だった。それを支えるはずであった文大統領は、はしごを外された態であるが、より反日路線を強化して突っ切るかもしれない。

 トルコのような観測を働かせようにも、韓国は国際情勢を左右させるような手持ちのコマを自ら放棄してしまった。反日国民感情にも限界が見えはじめている。

 同じ隣国間の角逐であってもトルコ、シリア関係とは様相を異にする。韓国が何を言い出すかによって、マイナーな2国間関係に矮小化されてしまった。

 それが解決への道をかえって見えなくしている。

|

« 公器・新聞の危機 | トップページ | 戦争と米国民の意識 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

トルコが行動を起こす前なら日本の意見を聞いたかもしれませんが、安倍政権には同国周辺の複雑な民族問題や地政学的環境を理解する能力がありません。「ありがとう」というだけでしょうね

投稿: ましま | 2019年10月16日 (水) 21時09分

トルコは、小学校の教科書に「日本人への恩義と感謝」を載せ教えている親日国家でもありますので 、日本政府が乗り出すと無視することは絶対ないと思いますが、どうでしょう?

投稿: 玉井人ひろた | 2019年10月16日 (水) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公器・新聞の危機 | トップページ | 戦争と米国民の意識 »