« 中国特有の漢字文化 | トップページ | 台風の対応遅れ、再燃 »

2019年10月 7日 (月)

近隣不動産

 最近我が家の近くに多くなった土地、建物は次のようです。

・更地

⓵築40年以上たった在来工法または初期のプレハブ工法で建てた木造家屋を解体し、整地して更地にしたもの。

所有者が老齢化し、継続所有が困難になったか。

⓶宅地・農地・森林、地目のいかんを問わず耕作に使われていた土地を、放置するか分譲目的で整地したもの。

 以上の現状変更で、接道が幅員が4m未満の道路の場合上地義務を生じるので凸凹道路が続出。

・無人家屋

①何十年も空き家のまま。
 持ち主不明で放置されているようだ。庭木は伸び放題。巨木化し道路にはみ出す。家屋の中も草木伸び放題なのがガラス戸を通して見える。近隣が一番迷惑するケース。

⓶ここ数年空き家。
 所有権者が死亡したか引っ越ししたままで相続者があっても利用、または売却の意思なし。郵便受けが満杯か、表札が外されている。

・新築・改修

①新しい分譲家屋もそれなりに存在。連絡先など立札が立っている。
 東京の高層マンションに住み、子供がある所帯が、環境・安全や住みよさを求めて越ししてくるケースも聞く。

⓶古い建物のリフォーム・耐震補強・建て替えなど相当進んでいると思われるが、気が付かないことが多い。

・価格 

 公示される土地価格は、このところほとんど変化なし。

|

« 中国特有の漢字文化 | トップページ | 台風の対応遅れ、再燃 »

散策」カテゴリの記事

コメント

玉井人ひろた さま
申請が地方自治体経由になるのでしょうか。すると変な「助役」がいると困りますね

投稿: ましま | 2019年10月 8日 (火) 10時39分

そちらのような都会では聞かないかもしれませんが、協力隊事業は一応国の政策で移住すると国から生活費(月額16万円ぐらいらしい)が出ます。

投稿: 玉井人ひろた | 2019年10月 8日 (火) 08時22分

>玉井人ひろたさん
「村おこし協力隊」名前を聞くと頼もしいですね。どこかの「助役」とは、違うところを示してほしいものです。

投稿: ましま | 2019年10月 7日 (月) 19時38分

こちらでも空き家が増えていますが、なんだか「村おこし協力隊」という若者たちが、住み始めています

投稿: 玉井人ひろた | 2019年10月 7日 (月) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国特有の漢字文化 | トップページ | 台風の対応遅れ、再燃 »