« 予見可能性 | トップページ | 台風15号の予見可能性 »

2019年9月21日 (土)

予見可能性、NHKが追及

 他のマスコミが報道しない事実の追及をNHKがしている。通常のテレビ報道番組では出てこないが、デジタル1番でNHKに合わせ、リモコンのdボタンを押すと地元の天気予報などが出てくる。ここでリモコンの青ボタンを押すと、見出し項目一覧が現れる。それを上下ボタンで選べば、内容の文字が読める。また、ネットでも見ることができる。

 分量が多いので、肝心なところを要約する。取材は「東京電力刑事裁判 取材班」が行っている。37回におよんだ公判からは、これまで知られてなかった”新事実”が次々に明らかになったということである。

⓵茨城県にある日本原子力発電東海第二原発では、東日本大震災が起きる3年前には、巨大津波への対策を進めていた。

⓶東京電力の現場担当者たちは、巨大津波への対策を進める考えで原子力設備をもつ他の4社との会議でその旨を表明していた。

⓷東電の最高意思決定は、いわゆる「ご前会議」で決まる。2008年2月の御前会議で津波の予測と対策案を提出したが、出席していた上司からは、「特に異論はなかった」と報告されていた。ただし経営幹部は、記憶にない、とする。

⓸その後被害を防ぐための予算と完成時期を提出するが、だれがどの場で意思決定するのか、社内で現場と幹部の意思がずれたまま、津波対策の具体化は進まなかった。

⑤日本原電は、国に対して、政府がかかわっていた地震調査会議の出した「長期評価」に基づいてとっていた対策を、他社(東電)との横並び意識から外部に漏れないようにしていた。理由は自治体などからの追及を避けるとか、経産省の意向を無視して独走できないということらしい。

 ここでも「忖度」万能だ。

|

« 予見可能性 | トップページ | 台風15号の予見可能性 »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

東電幹部には経営者常識も一般人常識もないことがこれではっきりしきしました。さらに裁判官常識まで疑われるようでは、世も末です。

投稿: ましま | 2019年9月21日 (土) 18時26分

自然災害に対する備えというのは、予想を超えることが多いので、科学的データが出てもその数字を上回ることを想定して対策が取られるのが常識です。
それを、出ているデータを最悪の場合として、下回る対策をするのは非常識でしょうと思います…

投稿: 玉井人ひろた | 2019年9月21日 (土) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予見可能性 | トップページ | 台風15号の予見可能性 »