« 神功皇后の侵略 | トップページ | 昭和はじめの反戦デモ »

2019年9月 3日 (火)

香港の首長は弱気

 ロイター通信は、香港政府トップ、林鄭月娥行政長官が非公開の会合で発言したとする音声を公開しました。この中で林鄭長官は、「もし選択肢があるなら、まず辞めて香港の問題は米中関係の緊張の中、国家の主権や安全保障のレベルに格上げされてしまった」と指摘したうえで、「行政長官は中国政府と香港市民という2人の主人に仕える身でできることは非常に限られている」と述べ、抗議活動で要求されているみずからの辞任も含め、重要な決定ができないことをにじませました。

 今後の見通しについて、林鄭長官は「中国政府も香港政府も10月1日の建国記念日より前に現状を解決できるとは期待していない」として、混乱の収束には時間がかかると/示唆したほか、「中国は人民解放軍を送り込む計画は持っていないと思う」とも述べており、中国政府が武力で介入する可能性は低いという見方を示しました。(NHKニュース・9/3)

 林鄭長官は、抗議デモに賛成なのだ。ただ、中国の建国記念日までに中国共産党相手に、問題となっている犯人引き渡し協定に一定の条件を付けるなどの交渉を成立させるのは困難だし、交渉もすべきではないと思っているのかもしれない。

 長官が訴えているのは、「反対運動をこれ以上過激化させないで」と必死に訴えているように見える。いずれにしても職を賭して、中国と話し合う機会を作ってほしい。

 

ロイター通信は、香港政府トップ、林鄭月娥行政長官が非公開の会合で発言したとする音声を公開しました。この中で林鄭長官は、「もし選択肢があるなら、まず辞めて香港の問題は米中関係の緊張の中、国家の主権や安全保障のレベルに格上げされてしまった」と指摘したうえで、「行政長官は中国政府と香港市民という2人の主人に仕える身でできることは非常に限られている」と述べ、抗議活動で要求されているみずからの辞任も含め、重要な決定ができないことをにじませました。

今後の見通しについて、林鄭長官は「中国政府も香港政府も10月1日の建国記念日より前に現状を解決できるとは期待していない」として、混乱の収束には時間がかかると/示唆したほか、「中国は人民解放軍を送り込む計画は持っていないと思う」とも述べており、中国政府が武力で介入する可能性は低いという見方を示しました。(NHKニュース・9/3)

 林鄭長官は、抗議デモに賛成なのだ。ただ、中国の建国記念日までに中国共産党相手に、問題となっている犯人引き渡し協定に一定の条件を付けるなどの交渉を成立させるのは困難だし、交渉もすべきではないと思っているのかもしれない。

 長官が訴えているのは、「反対運動をこれ以上過激化させないで」と必死に訴えているように見える。いずれにしても職を賭して、中国と話し合う機会を作ってほしい。

|

« 神功皇后の侵略 | トップページ | 昭和はじめの反戦デモ »

ニュース」カテゴリの記事

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

台湾にどう影響するかがこれからの焦点です。長官は中国支持派に入るようですが、内心、そんな単純ではないようです

投稿: ましま | 2019年9月 3日 (火) 17時18分

重複だったんですか。
それはともかく、こんな報道が流されて、もしかすると意図的に出されたのかもしれませんが、中国共産党は(裏では)黙ってはいないでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2019年9月 3日 (火) 15時55分

重複アップの訂正ができません。

投稿: ましま | 2019年9月 3日 (火) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神功皇后の侵略 | トップページ | 昭和はじめの反戦デモ »