« トランプ商法 | トップページ | イラン大統領国連へのビザ出ず »

2019年9月18日 (水)

犬と猫

 猫がいないとテレビの画像が持たない――最近はそんな扱いだ。犬も登場するが猫には差をつけられている。

 野良犬、野良猫は双方に存在するが、その地位には雲泥の差がある。首輪もなく鑑札も受けていない野良犬は存在を許されず、当局の手で捕縛され、戦中は軍に食用や毛皮として殺処分された。

 いずれも「家畜」であるが、猫を散歩させる姿を見ることはない。かつては残飯整理という共通点があった。

 馬・牛・羊・豚などを家畜に入れるが、犬・猫とはやや違う。時代により移り変わりは、当然出てくるものなのであろう。

 「家禽」というのもある。鶏、土鳩、オウム、文鳥などだ。

 軍では「軍馬」が重用された。場所によってはラクダ、象もある。神武東征の「金鵄」や、漫画の「のらくろ」は別として、先の戦争までは、「伝書バト」が実際に活躍していた。

|

« トランプ商法 | トップページ | イラン大統領国連へのビザ出ず »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

公園を中心に野良猫の繁殖が猛烈です。毎日餌やりを日課にしている人を大勢見かけます。近くの店では食パンのふちを袋に入れて売っている始末です。
役所の規制がそろそろ必要な時期ですね

投稿: ましま | 2019年9月19日 (木) 19時55分

今度は猫にもICチップ埋め込みなど、飼い方に規制が設けられるようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2019年9月19日 (木) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トランプ商法 | トップページ | イラン大統領国連へのビザ出ず »