« 凧とイカの違い | トップページ | 日韓と国際法 »

2019年6月19日 (水)

アメリカの国防長官、なり手なし

 時事通信の配信を箇条書きにすると次のようになる。

■マティス= 昨年末に国防長官を辞任

■シャナハン= 現・長官代行→今回、長官指名を辞退

■マーク・エスバー= 現・陸軍次官→長官代行と交代

■軍トップ= 長官不在のまま

 トランプ大統領は、昨年末に辞任した次の次にあたるエスバー氏を指名する可能性が最も高いとされているが、その彼からも辞退されたらどうなるのだろう。イランをめぐる中東の現状は一触即発といっていい。

 日本では、内閣総理大臣が指名した陸軍大臣を、軍が就任拒否をして内閣が総辞職、変わった近衛内閣の元で第二次大戦へなだれ込んだことを本塾でも書いた。

 制度の違うアメリカだが、人事の行き詰まりが事態を思わぬ方向へ導きかねないということを心配する時期にきている。

|

« 凧とイカの違い | トップページ | 日韓と国際法 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凧とイカの違い | トップページ | 日韓と国際法 »