« ウランから水素へ | トップページ | 丸山議員が「風」に »

2019年6月 6日 (木)

『海舟座談』

(毎日新聞06/06

安倍晋三首相は5日の参院本会議で、日米貿易交渉を巡りトランプ米大統領が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を上回る関税引き下げなどを求める考えを示唆したとされる発言について、「抗議すべき内容のものとは考えていない」との考えを示した。

(『海舟座談』岩波文庫、明治三十一年/1898、十一月三十日)

国というものは、独立して、何か卓絶したものがなければならぬ。いくら西洋西洋といっても、善い事は採り、そのほかに何かなければならぬ。それがないのだもの。つまり、アジアに人がないのだよ。それで、一々西洋の真似をするのだ。西洋は規模が大きくて、遠大だ。チャーンとして立っているから、ほかが自然に倒れるのだ。まるで、日本などは、子供扱いだ。褒めてやったり、叱ったりする。それで善い気になってるというものがあるものか。

今日は引用だけである。何か付け足すのは、野暮。

 

|

« ウランから水素へ | トップページ | 丸山議員が「風」に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウランから水素へ | トップページ | 丸山議員が「風」に »