« 世代区分で蔑視 | トップページ | ゴミ分別は役所の仕事に »

2019年5月20日 (月)

所を選ばない「IS」

 エジプトの首都カイロ近郊で19日、観光バスを狙ったとみられる爆発があり、BBCなどによると少なくとも17人が負傷したと伝えられる。ISを名乗るメンバーの犯行と見られている。

 アフガニスタン、パキスタン、スリランカなど各方面からISの活動が伝えられ、地域ごとに独自の「州」を作ったり、生死不明だった宗教指導者バグダディーの生存も明言する。

 ISすなわちイスラミック・ステートは、アメリカとその連合国の猛攻により、シリア・イラクに存在できず消滅したことになっているので、「ISを名乗るメンバー」などと注釈をつけている。

 アラブ語でどう表現するかは知らないが、英語でいう「ステート」は、必ずしも国民国家を指すとは限らない。共通の宗教・民族の集団があれば特定の場所に定住しなくとも「ステート」は成立する。

 原理主義的なムスリムにとって唯一無二の権威は「神」だけで、大統領や組織化された国家ではない。だから、自爆テロに国民国家的な指揮・指導の必要はなく、宗教指導者が示す宗教指針さえあればいいのだ。

 単一民族で、特別の教義を持たない多神教の日本は、明治維新で廃藩置県を経て欧米並みの国民国家とすることに、ほとんと抵抗がなかった。万世一系とされる天皇の存在が、国民国家成立にプラスしたとも思われる。

 それだけに、ISの存在を過去のものとしてしまいがちだが、なかなかそんなものではない。

 

|

« 世代区分で蔑視 | トップページ | ゴミ分別は役所の仕事に »

中近東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世代区分で蔑視 | トップページ | ゴミ分別は役所の仕事に »