« 『日本国紀』批判 | トップページ | 世代区分で蔑視 »

2019年5月18日 (土)

丸山穂高議員、辞職不要

 北方四島の「ビザなし交流」に参加した、日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が今月11日の夜、訪問団の団長に、「戦争で島を取り返すことには賛成ですか、反対ですか」などと質問したことに対し、所属党からは除名された。

 それだけにとどまらず、同党を含め野党6党は、「国会全体の権威と品位を著しく汚した」などとして、17日、議員辞職勧告決議案を衆議院に共同で提出した。

 与党は、買収などの不祥事ではなく、決議が可決されても本人が言論の範囲として拒否すれば効果がないとして、これに乗らない気だ。塾頭は、自公与党の考えに賛成する。

 丸山穂高議員が、場所や相手もわきまえず野放図な不用意発言をしたことは、決して許されるべきではない。しかし、議員を辞めれば、野党が発言の真意をただす機会も失う。

 同議員の言っていることは、領土紛争で口にはできない一面の真理ををついているのだ。近くはイラクとクェートで起きて湾岸戦争となり、古くは同じ共産圏同士でもウスリー江珍宝島をめぐる国境紛争で中ソが交戦、双方で150人を超える戦死者を出した。

 イスラエルとパレスチナの例を見ても、国境は戦争で決まるというのが世界史上定番になっているのに、見ぬふりをしているのが現状だ。しかし、日本は憲法9条で「国際紛争を解決する手段といては、永久にこれを放棄する」限りその手は使えない。たとえ核武装をしたところで、国土面積の差だけで勝ち目はない。

 そうすると、交渉で解決するしかないのだが、ロシア側には、国際法上問題が残るヤルタ協定を根拠とする点、特に北方領土が歴史上ロシア領であった事実がないことが弱みになっている。

 そこをついて、国際世論を味方につけ、すこしでも有利な条件で妥決点を見出すか、アメリカのアラスカ州のように日本が買い取るしかない。

 いずれにしても、74年も実効支配されていた点が大きい。吉田首相のように、遺憾の意を表し、権利確保の努力を続けなければならなかったのだ。

 安倍首相の人気取りゲームで終わることなく、具体的な外交政策が国会で議論され、安易な憲法改正の目論みを俎上にげるというのなら、議員の存在価値も出てくるだろう。

【追記】この記事は、その後の報道などにより不当だったことがわかり、全面撤回します。理由等は、6月7日付の本塾記事で。

|

« 『日本国紀』批判 | トップページ | 世代区分で蔑視 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

その通り!!。
常任理事国に拒否権を行使されても、総会で3分の2以上の決議があれば国際法(罰則がなくても)としたいですね。

投稿: ましま | 2019年5月18日 (土) 21時19分

国際法というのは、国連常任理国には事実上除外されているように感じますので、もっと強い国際的な取り決めが欲しい時代になってきたと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2019年5月18日 (土) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『日本国紀』批判 | トップページ | 世代区分で蔑視 »