« ゴミ分別は役所の仕事に | トップページ | 日本山妙法寺 »

2019年5月22日 (水)

子供の夢を消すAI

 昨日、関東でJRの電車が所定の場所に止まらないという事故が3件起きた。埼玉県の深谷駅では10m、栃木県の間々田駅では13mそれぞれ所定停車位置からオーバーラン。いずれも雨の影響でブレーキが利かなかったという理由である。深谷の場合はバックせずそのまま次の駅まで運転し、乗降客80人に影響が出た。

 もう1件は千葉の常磐線である。常磐線の上りの特急電車が停車する予定だった柏駅を通過するミスで、同駅で降りる予定だった乗客およそ80人には次の松戸駅で降りて柏駅に向かう別の電車に乗り換えてもらうなどした。

 前2件は、当時たしかに猛烈な雨が降っており、自然災害のように見えるが、JR当局も「再教育して事故再発を防ぐ」といっているように、人為的ミスに入るだろう。

 男の子に「大人にったら何になりたい?」と聞くと、これまで電車の運転手が筆頭に来ていた。

 だが、電車の運転は自動車のような複雑さもないので、自動運転に変わり、前方は車掌がモニターを見ているようになるかもしれない。車掌になりたいという子供はあまり聞かないが、車掌の仕事は大変だ。

 乗降客の確認、出発の合図は今でも車掌の仕事。昔の都電・市電の車掌は、切符の販売、回収もした。そのほか、電車が四つ辻で方向転換する時、後尾の窓から身体を乗り出して集電のポールからぶら下がっているひもを引き、余勢で走る電車の進行方向に向けた電線に、ポールの先についている滑車をうまく乗せるという離れ業までやっていた。パンダグラフになってからは、それがなくなる。

 モニターで前方を見ていることぐらいなら大して負担にならないだろう。AI時代はすぐ目の前までやってきている。

 

|

« ゴミ分別は役所の仕事に | トップページ | 日本山妙法寺 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

歌手のばあいは「アイ」と呼ぶんですね。それをウィキで知るとは、情けない限り。

投稿: ましま | 2019年5月23日 (木) 08時19分

とある関東圏の鉄道会社の女性の車掌を特集する番組で言ってましたが、その社では‘車掌’とは言わず「列車長」といい、列車の運行管理業務の責任者になるようです。
他も呼び名と職種の立場が変っているのかもしれません。

それとAIですが、個人的には夢を売る商売の‘歌手のAI’さんのファンなので、AIと言ったら歌手のAIが好きです

投稿: 玉井人ひろた | 2019年5月23日 (木) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴミ分別は役所の仕事に | トップページ | 日本山妙法寺 »