« 「閑地」の花 | トップページ | イランもやはりトランプ流か »

2019年5月15日 (水)

なぜ世界遺産?

 昨日は、本塾のアくセス数が普段の倍を超えた。昨日書いたのは「閑地の花」という、それこそ閑ネタなので不審に思い、解析のページを開いた。

 原因は、2011年5月の「前方後円墳のなぞ」に対する検索によるものらしい。なるほど。百舌鳥・古市古墳群の世界遺産指定申請に関する報道の過熱ぶりが影響したと見える。8年前の記事、変なことは書いてないだろうな、と思ってページを繰って見たが、心配することはなかった。

 それより、今回の申請は、世界基準に無理に合わせようとして日本の古墳文化全体から見ると不自然で誤解を生む要素が多い。

 古墳マニヤの塾頭は、九州から東北・北限に至る各地の前方後円墳をいくつも見ているが、百舌鳥・古市だけはまだ行っていない。ついでがないことが大きいが、行っても自由に登れないことや、周辺の環境が造営当時と激変していることと、創成期の纏向古墳群や終末期の関東各地などの、歴史と文化の転換というロマンに乏しく、中間的存在として関心が薄いのが理由だ。

 宮内庁が「静安と尊厳を保つため」という理由で専門家の科学的調査を拒否し、今後も方針を変えないとしているが、仁徳陵の造営時期が想定より大きく後にずれ込んでいることが学会の定説となった。

 歴史書は、天皇名を除き「大山(だいせん)古墳」とすることが多くなり、教科書でも採用されている。ところが、今回は敢えて「仁徳陵」名で申請、「静安と尊厳を保つ」はずの政府方針が逆効果を生む可能性が出てきた。

 塾頭の悪い癖で、今回の申請自体その真意がわからず、政治的効果を狙っているように思えてならない。

 

|

« 「閑地」の花 | トップページ | イランもやはりトランプ流か »

歴史」カテゴリの記事

コメント

天皇陵指定したところは入れない。それ以外の陪塚や、小規模古墳は被葬者があっても側近の豪族などで歴史的な興味がわかない。
要するに、数と大きさと政治的効果が合っただけのことでしょう。

投稿: ましま | 2019年5月17日 (金) 08時29分

遺産になった要素は、45件49基という数のように読みました。
古墳の個別内容については、「いろいろな説が有る」というものだったようですね

投稿: 玉井人ひろた | 2019年5月16日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「閑地」の花 | トップページ | イランもやはりトランプ流か »