« 平成元年には何が | トップページ | アメリカ大統領の実像 »

2019年5月 5日 (日)

鯉のぼり

♪屋根より高い鯉のぼり

2019_05050005

 やっと見つけたのがこれだ。めったに目にしなくなった鯉のぼり。それも平屋がほとんどなくなって、高層マンションが多くなった今日、屋根より高いのは珍しい。ただし、この写真は、手前の人形専門店の宣伝用だった。

2019_05050003  もう一枚は、数を誇るが地面より低く風も当たらない。いずれも使い古しで元気がない。多ければいいというわけではないだろう。

 10連休最後の祝日「こどもの日」だが、鯉のぼりとの関連、意識している人がどれほどあるか。もとは端午の節句、子供の成長を祝う節句は女の子用が桃の節句・ひな祭り、男の子用が端午の節句だったが、男の子用のこの日だけ「国民の祝日」で、休みになった。

 どこかの局でアナウンサーが五月人形・武者人形を指して「ひな人形」といっていたが、ふたつの節句は全く由来が違う。子供の日といっても、学校でその由来を教えることはなく、先生も知らないのではないか。

 スーパーで、ちまき、柏餅、菖蒲の葉などを売っているが全て端午の節句・中国の風習から来たものだ。鯉のぼりの由来もまた同様。中国・古代の詩人、屈原が汨羅で入水自殺した日が5月5日である。屈原を知らなければ、その日としたことの理解もできない。

|

« 平成元年には何が | トップページ | アメリカ大統領の実像 »

散策」カテゴリの記事

コメント

玉井人ひろた さま
そうですか、納得。
10連休もただ休めばいいだけになりました。これからの子供に考えさせる何ものもないというのはさびしい限り。

投稿: ましま | 2019年5月 7日 (火) 08時20分

私の地域で五月人形が販売され始めたのは、今から40年ほど前当たりからだったと思います(私は販売していた)
それまで五月と言ったら鯉のぼり、武者絵のぼり、そして武者鎧兜でしたので、「ついに、五月も人形か?」と驚いたものです。

人形が販売されたころから、3月節句と混同する人が出始めた感があります

投稿: 玉井人ひろた | 2019年5月 6日 (月) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成元年には何が | トップページ | アメリカ大統領の実像 »