« 丸山穂高議員、辞職不要 | トップページ | 所を選ばない「IS」 »

2019年5月19日 (日)

世代区分で蔑視

人生再設計第一世代 「氷河期」言い換えに怒り 政治不信「上から目線」

 毎日新聞(5/19・東京)にこんなタイトルをつけた記事があった。

 その要旨は、政府の就労支援策を検討する経済財政諮問会議(議長=安倍晋三首相)で、民間議員から「就職氷河期世代」を「人生再設計第一世代」と言い換える提案がされた。これに対してツイッターなどで「ひどいネーミングだ」「ばかにしている」などと怒りの投稿が相次いでいる。

 就職氷河期世代は、バブル崩壊後の景気悪化で企業が新卒採用を絞った1993~2004年ごろに高校や大学などを卒業した世代。現在30代半ば~40代半ばで約1700万人。18年で非正規雇用者は317万人に上る。

 そういった苦難を味わった世代を、人生設計ができない世代などと責任転嫁をすれば、怒るのが当たり前だ。安倍晋三議長や担当する官僚の本音が、はしなくもこぼれ出たと見るべきだろう。

 ところで、塾頭の世代はどういうのか、「団塊の世代」などという区切られ方をされた覚えはないが、菊地昌典『歴史と想像力』筑摩書房、では、昭和一ケタ世代の体験は、刺激的ながら程度の差があり「宙づりの世代」としている。

 その中で、共通性についてこう解説する。

昭和一ケタ世代に骨の髄まで浸みこんでいるのは国家の崩壊感覚である。大日本帝国の権威、権力の脆さ、はかなさ、そして何よりも、その無責任さを否応なくこの世代は心の底に灼き付けたのであった。

その反動として、一ケタ世代のユートピア幻想はたえずふくれあがる。夢が現実によってくりかえし破壊されても、夢を負いつづけ、その夢で現実を打ち返す営為を戦後三十余年、休みなくつづけてきたのである。戦争中の精神の窒息状況に対する無限の自由への憧れ、いささかの管理をも生理的に嫌悪する体質、そして高度成長下にはぐくまれた傲慢な浪費の美的称揚にたいする絶対否定、倹約称揚の精神などは、一ケタ世代に不思議ともいえる思想の共通性を与えている。

 まあ、半分は当たっているでしょうね。

 

|

« 丸山穂高議員、辞職不要 | トップページ | 所を選ばない「IS」 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸山穂高議員、辞職不要 | トップページ | 所を選ばない「IS」 »