« 大アジア主義 | トップページ | 虚偽申述「うそをつく」の違い »

2019年3月 5日 (火)

三寒四温

1月ごろ、毎日抜けるような青空が続き、窓から見える広大なキャベツ畑、植えたばかりなのに育つのかなあ、というような記事を書いた。3月に入って今日は続いた雨がやみ、久々の青空。暖房のフル稼働もなくなった。

「三寒四温」、なるほど「言えているなあ」、と思った。日本で春先を示す季語であると信じ、調べて見た。ところが違う。朝鮮・中国東北部にある冬季の現象をさす言葉だという。

昨今の政治情勢ではないが、似ているようでもセンスは合わない。「我々の文化を盗んだ!」というような声が聞こえてきそうな気がする。

|

« 大アジア主義 | トップページ | 虚偽申述「うそをつく」の違い »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

カンロ飴ももとは中国伝来のようです。

投稿: ましま | 2019年3月 6日 (水) 19時02分

わたしもよく知った四文字熟語ですが、この「三寒四温」という字が、時々「三温糖」に見えるときがあるんですよ(

投稿: 玉井人ひろた | 2019年3月 6日 (水) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三寒四温:

« 大アジア主義 | トップページ | 虚偽申述「うそをつく」の違い »