« 日韓、マスコミが時の氏神に | トップページ | 歴史、認識、感情の区別を »

2019年2月17日 (日)

続・ノーベル国際冗談賞

トランプ大統領をノーベル平和賞に推薦する書簡の写しを安倍首相から受け取ったという、大統領本人の発表記事を昨日書いたばかりである。安倍首相の行為が冗談ならともかく、本気であれば恥ずかしい。誰か止める人はいなかったのか――、で結んだがその続報が入った。

トランプ米大統領が安倍晋三首相から北朝鮮問題でノーベル平和賞候補に推薦されたと明らかにしたことについて、首相が米政府から非公式に依頼を受け、昨秋ごろノーベル賞関係者にトランプ氏を推薦したことが16日、日本政府関係者への取材でわかった。(朝日新聞デジタル)

なんともひどい話である。首相は頼まれて推薦したのだ。前の記事は削除しようと思ったが、似た者同士の指導者がノーベル賞と世界をコケにしただけで、政治利用どころか逆効果になりかねない茶番であった。歴史に残るかもしれないので残しておくことにする

 

|

« 日韓、マスコミが時の氏神に | トップページ | 歴史、認識、感情の区別を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・ノーベル国際冗談賞:

« 日韓、マスコミが時の氏神に | トップページ | 歴史、認識、感情の区別を »