« 統計不正の追及責任 | トップページ | 「パワーポリティクス」 »

2019年2月 6日 (水)

「じ、ぢ」「ず、づ」の区別

塾頭はキー入力の訓練を受けたことがないので、いまだにかな変換の世話になっている。変換ミスで多いのが表題に書いた文字の入れ違いである。学習能力ではなかなか追いつかない。そこで共同通信社刊の『記者ハンドブック』を見た。そこには、こう書いてある。

「ぢ」「づ」は、原則として使わないで、「じ」「ず」で書き表す。

ただし、二語の連合によって「ち」「つ」が濁る場合と、同音の連呼の場合だけは、「ぢ」「づ」を使う。

<「じ、ず」の場合>()

<二語連合の場合>

(注)二語の連合とは「にい(新)」と「つま(妻)」とが連合して「にいづま(新妻)」となるような場合をいう。主として前と後の二つの部分に分けられるような意識(分析的意識)があるときである。これに対し「稲妻」は、「いな(稲)」と「つま(妻)」の二語の連合とはみられず、分析的意識がない一語と解されるので「いなずま」となる。(個々の用例については、「ぢ、づ」と「じ、ず」の使い分け用例集参照)

頭脳明晰な記者さんも、これだけでは理解できなかったのだろう。用例集は続けて6ページにもわたる。どうやら、かな文字変換族に救いはないようだ。

 

 

|

« 統計不正の追及責任 | トップページ | 「パワーポリティクス」 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「じ、ぢ」「ず、づ」の区別:

« 統計不正の追及責任 | トップページ | 「パワーポリティクス」 »