« 韓国は好戦国か | トップページ | 渋谷区広尾 »

2019年2月20日 (水)

日本は紀元前から文字を?

弥生時代中期中ごろ(紀元前100年ごろ)の石製すずりの未製品などが、福岡・佐賀両県の三つの遺跡で出土していたことがわかった。柳田康雄・国学院大客員教授(考古学)が19日、明らかにした。これまでの確認例を100年以上さかのぼり、国内最古という。製作時の工具も判明し、倭(わ)人が自らすずりを作り広範囲で文字を使っていた可能性が高まった。(朝日新聞デジタル、2/20

上の記事で気になるのが「広範囲で」の4文字だ。3つの出土遺跡の間隔は100キロと離れていない。すずりの消費地は、それらの中心に位置する昔の伊都国や奴国と見るべきだろう。弥生時代、東国に普及した銅鐸が、奴国でも鋳造されていたという遺跡が見つかっているが、広く使われていたとするためには、同時代に東国でも生産され、または使用された痕跡がなくてはならない。すずりの場合、原料や製造技術からみても生産地を集中しなければならない要素がない。

墨書がどうしても必要なのは外交文書である。古くは数などをひもで表すことを知っており、より複雑な意思伝達は口述に頼るしかなかっただろう。日本の外交記録は次で知られる。

◇『前漢書』(西暦紀元前後)

楽浪海中に倭人あり、分かたれて百余国となり、歳時を以て来たり献じ見ゆ。

◇『後漢書』(西暦五七年)

倭奴国、貢を奉じて朝貢す。使人自ら大夫と称す。倭国の極南界なり。光武帝、賜うに印綬を以てす。

◇『後漢書』(西暦107年)

倭国王帥升等、生口百六十人を献じ、願いて見えんことを請う。

 この先は、魏志倭人伝の女王(卑弥呼)遣使(238年)となるが、その前107年は、「倭国王・帥升」ではなく「倭国、王帥升」と読み、中国人の王さんが文書を持って使いをしたと見る(拙著『周辺国に向き合う日本人の歴史』)。

卑弥呼の時代になっても、「一大率」が置かれたと倭人伝が書くように、外交はもっぱら伊都国の専管事項であったようだ。交渉窓口が中国の出先・朝鮮の楽浪郡経由であるのと同様、倭国も伊都国にワンクッション置いて意思疎通の便をはかったに違いない。これは後世、対馬の宗家が日本・朝鮮の仲立ちをしていたことに似ており、意思伝達や約束事は公文書化しておくルールもあっただろう。

伊都国では、他国より前から墨硯は必需品で、自給する必要があったに違いない。他の地域から同様な発掘物が出れば、その時期によって日本の文化史が大きく進展するはずだ。

 

 

|

« 韓国は好戦国か | トップページ | 渋谷区広尾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本は紀元前から文字を?:

« 韓国は好戦国か | トップページ | 渋谷区広尾 »