« 島国と天皇のおことば | トップページ | 激動の1週間となるか? »

2019年2月26日 (火)

二・二六事件

二・二六事件は83年前の今日起きた。マスメディアを見渡したがこれに触れている所は見当たらない。さきの戦争の原点ともいえる事件である。本塾では必須科目になる。以下、『日本近現代史小辞典』角川書店、を引用しながら復習する。

++++++

1936年(昭和11)に起こった皇道派青年将校によるクーデター。軍ファシストによるクーデター計画の最後の事件となる。彼らは右翼・北一輝の影響を受け、武力による国内改造を企画、第一師団の満州派遣が発表されて蜂起を決意、26日早朝歩兵第一・第三、近衛歩兵第三各連隊から1400人余の部隊を出動させ「昭和維新」「尊王討奸」などを叫び斎藤実内大臣、高橋是清蔵相渡辺錠太郎教育総監らを殺害し(岡田啓介首相も当初即死と伝えられたが隠れて存命していた)、鈴木貫太郎侍従長に重傷を負わせ、陸軍省・参謀本部・国会・首相官邸など一帯を占領、陸軍上層部に国家改造の断行を要請した。

陸軍当局は戒厳令を敷いたものの、一致した収拾策を作り上げることができず、海軍・政財界の支援が得られないと見られることから弾圧に転じた。

天皇は、「朕が最も信頼せる老臣を悉く倒すは真綿にて朕が首を絞むるに等しい行為である。朕自らが近衛師団を率ゐて鎮定に当たらん」(『日本の歴史24』、中公文庫→、『本庄繁手記』)と鎮圧を繰り返し促していた。

陸軍当局は、29日の地方部隊上京を機に、蜂起部隊を反乱軍と規定し勅令をたてに帰順を呼びかけた。

++++++

全ての歴史がそうであるように、この事件においても、当事者の意図とは全く異なった結果がそこから生まれ、それが独り歩きをはじめる。そしてその中で、戦争への道が着実に切り拓かれていったのであった。(前掲書)

 

|

« 島国と天皇のおことば | トップページ | 激動の1週間となるか? »

歴史」カテゴリの記事

コメント

昭和天皇は要所要所で精いっぱいの決断をしています。それがこの件と終戦決定でしょう。これが限度だったのか?

投稿: ましま | 2019年2月27日 (水) 18時35分

若き将校たちの一番の思いは「天皇の御為」だったようですが、そのご本人の怒りを買ってしまったという事件ですよね。
まだ不明な点はあるようですが、軍の暴走は最も恐ろしい結果になることだけは時代や国に関係ない事だけは確かです

投稿: 玉井人ひろた | 2019年2月27日 (水) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二・二六事件:

« 島国と天皇のおことば | トップページ | 激動の1週間となるか? »