« ノーベル国際冗談賞 | トップページ | 続・ノーベル国際冗談賞 »

2019年2月16日 (土)

日韓、マスコミが時の氏神に

 最悪の方向に向かっている韓日関係は、歴史戦争を超え、国内法・国際法問題に飛び火し、北朝鮮の核をめぐる外交・安保の次元に広がりつつある。1次的な責任は韓国政府の教条的で無責任な外交行動にある。政府が非理性的な反日感情的でこじつけに近い要求を乱発し、韓国の外交的立場を困難なものにしている。また、最近生じている韓日間の確執は、日本の対韓外交が根本的に変わってきているためのものだ。韓国問題をめぐり、日本の外交関係者・政界関係者の間で起こっている深層部の変化に焦点を合わせて分析しなければならない。

 以上は、朝鮮日報読者権益保護委員会(委員長:趙舜衡〈チョ・スンヒョン〉元国会議員)が11日、定例会議を開き、先月の朝鮮日報の報道について議論した際の発言として「朝鮮日報(日本語版)」が伝えたものである。

 同紙は、韓国最大の発行部数誇り、日本で言えば読売新聞にあたるが記事内容は、保守とはいえ、政府への批判を明確にしており、朝日新聞的な「硬派」という感じもする。

 日本のマスコミには、韓国国会議長の発言や反日団体の工作・行動などがクローズアップされがちだが、韓国の識者は、見るところを見ているということと、日本の反応が予想を超えて大きいことに意外の感を抱いていることがわかる。

 「歴史認識」のかわりに「歴史戦争」という言葉を使っているが、これが問題なのである。日本側は「戦争」をしている気はない。ごくわずかな歴史修正主義者の存在は否定しないが、「感情」を持ち込んだ歴史は歴史ではない。したがって「戦争」をしている気はなかったのだ。

 これまでの約束ごとを次々と破っていく韓国側の度重なる攻勢を放置することは、国際的な誤解も招きかねないということから、日本側がけじめを示したということだ。

 「認識」でも「戦争」でもいい。両国間の差を埋めるために最大の力を発揮できるのは政府や政治機関・政治団体ではなく、マスコミであるという意識も持ってもらいたい。

 

|

« ノーベル国際冗談賞 | トップページ | 続・ノーベル国際冗談賞 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

考えは一日ごとに変わるような気がします。しかし先方の民族性は変わらないでしょうね。

投稿: ましま | 2019年2月27日 (水) 18時08分

一昨日に視たBSの報道番組から、偶然ですがこの記事に関連したようなことを記事にしようとしていました。
塾頭とは少し違う考えかも?しれません

投稿: 玉井人ひろた | 2019年2月17日 (日) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日韓、マスコミが時の氏神に:

» 「日本も韓国もメディアが悪い」と言う話し [つぶやき古道(コミチ)]
BSフジで毎晩放送している「プライムニュース」、今週は日韓問題を特集したようですが、2月15日(金)は主に「韓国の国内」にスポット当て国内に精通している3人のゲストが呼ばれていました。http://w... [続きを読む]

受信: 2019年2月19日 (火) 14時32分

« ノーベル国際冗談賞 | トップページ | 続・ノーベル国際冗談賞 »