« (続)ロシアの「一方的」 | トップページ | IKIGAI »

2018年12月 1日 (土)

秋篠宮発言

来年は皇太子即位の年だ。その次の皇嗣は順序からすると弟君の秋篠宮である。秋篠宮は誕生日を前にした記者会見で、天皇即位後に行われる皇室行事大嘗祭について憲法に定められた政教分離の観点から「国費で賄うことが適当かどうか」と述べられ、天皇家の私的生活費にあたる「内廷費」を使うべきだという考えを示した。

政府が国事行為とせず、平成の代替わり時と同様、皇室行事として行うことにし、公費である宮廷費を充てることを決めたのは、竹下内閣の時代である。秋篠宮発言に異を唱えるのは主に政府・内閣府筋に多い。皇室の「政治的発言」になるというのだ。

宮は幼い時から次期天皇としてではなく次男坊としてすごされ、国民目線で闊達なご意見をお持ちのようにように拝察する。「政治的発言」より保守政治家による皇室の「政治利用」の方がよほど気にかかる。

そこで思い出したのが仁徳天皇である。高台から見渡すと民家のかまどから煙が上がっていない。重税が民の貧困を招いているのではないか、と3年間それを停止し、再び煙が上がるようになったという説話で「聖帝」とあがめられるようになった。

秋篠宮を聖帝になぞらえる気は毛頭ないが、秋篠宮発言を批判する向きと、仁徳天皇の「聖帝」を絶対視し、最大規模に造られた仁徳陵を、考古学知見と称して教科書が勝手に被葬者不明の大仙古墳と名を変えた、と憤る右翼陣営とは、同一線上にあるような気がする。

どっちがつじつまが合って常識的であるかは、聡明な国民が判断する。

|

« (続)ロシアの「一方的」 | トップページ | IKIGAI »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「政治的発言は憲法に抵触するのでは・・云々」という発言が出ますが、憲法には「天皇は・・」と記載は有りますが、「皇室は」や「皇族は」にはなっていませんよね。

つまり親王殿下の発言はもっと自由なのではないか?
と考えるのは屁理屈になるんですかね(coldsweats01

投稿: 玉井人ひろた | 2018年12月 2日 (日) 17時41分

裁判所ならそういう結果になりそうですが、皇室には裁判を受ける権利がないかも。代わるものとしては皇室会議でしょうか。

投稿: ましま | 2018年12月 2日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/74696240

この記事へのトラックバック一覧です: 秋篠宮発言:

« (続)ロシアの「一方的」 | トップページ | IKIGAI »