« IKIGAI | トップページ | 沖縄人の心に土砂投入 »

2018年12月 3日 (月)

新聞のスポーツ依存症

 福岡国際マラソンで初出場の服部勇馬(25)選手が有力と思われたアフリカ勢を振り切って独走、優勝を果たした。これは何と14年ぶりだという。

 テレビで実況を見ていたが、沿道の声援を送る観衆は韓国民の嫌いな旭日印の小旗を振っていた。 朝日新聞の社旗、つまり朝日新聞グループの主催だ。

 スポーツ、囲碁・将棋、芸能イベントなどは新聞社の主催・後援になることが多い。読者確保の有力手段である。

  ところが驚いた。今日の毎日新聞・千葉県面は、天気予報を除いて同紙主催・後援の記事だけ、その他の記事は1行もないという徹底ぶりだ。

 写真は右上から、南房総、館山などの駅伝。隣が東総駅伝で九十九里浜に近く、その下は印旛郡市駅伝で佐倉を中心にしている。左下は、都内で行われたリズムダンス関東大会で富津市の中学2チームが全国大会出場切符を手にしたというもの。

  おめでとう、と言うしかないのだけど……

2018_12030003

|

« IKIGAI | トップページ | 沖縄人の心に土砂投入 »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/74706649

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞のスポーツ依存症:

« IKIGAI | トップページ | 沖縄人の心に土砂投入 »