« 沖縄人の心に土砂投入 | トップページ | 影響力ある女性 »

2018年12月 5日 (水)

雑な師走国会

12月の国会はいつも忙しい。しかし、最近のこれは何だ。そんな法案どうして急ぐの、「そだねー」といえるものはひとつもない。しかも資料の数字はでまかせで野党の指摘に答えられない。

「今国会中に」といって暴走採決。与党内からも批判がでている。

たとえば、水道民営化や、妊婦診察料加算制度なんかだ。後者は体験することがないからおくが、水道などそれを望んでいる県は宮城県1県だけだという。

水道は、検針の人から「今月は多く出てますね。水漏れがないか後で調べましょう」と言われた。民営化されたら上から「売り上げを減らすようなサービスはするな」などと言われかねない。

原発事故の際、許容値内だったが水道水に放射能が検測されたことがあった。数値をごまかすようにことはしないか。営利産業と公共事業にはそれぞれ得失がある。その議論抜きで法案成立をいそぐ――裏には、という悪い癖をつけさせたのは誰でしょう。

 

|

« 沖縄人の心に土砂投入 | トップページ | 影響力ある女性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

代議士が無駄に走る月で「士走(しわす)」でしょうか?

投稿: 玉井人ひろた | 2018年12月 5日 (水) 17時08分

あらためて調べました。代議士というのは衆議院議員をさす言葉。
師走の「師」は先生の意で、議員は「先生」と呼ぶけど師が付きません。師が付くのは、教師、医師、講師など、看護婦は2002年から看護師となりましたが、弁護士は変わりませんね。なお「士」は男を意味する言葉だから、力士はともかく文士や弁士なども変更すべきかも。

投稿: ましま | 2018年12月 5日 (水) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/74717224

この記事へのトラックバック一覧です: 雑な師走国会:

« 沖縄人の心に土砂投入 | トップページ | 影響力ある女性 »