« 災害頻発は世界の話題 | トップページ | 「迷惑をおかけして」 »

2018年9月 8日 (土)

押すと餡出る

「俺、英語しゃべれるよ」

「じゃあ言ってみな」

「オスト アン デル クット マイン」

  なんやらドイツ語っぽいが、戦中、小学生の間ではやった。

語源は「押すと餡出る、食うと旨い」と早口で言う。

小学生にとって外国語といえば英語。ただし周辺に英米人の姿がなくなり、塾頭の隣の家にはベソリックさんというドイツ人夫妻が住んでいた。

日本語化した英語は多い。ランドセルを背嚢と言い、パンツを猿股とは言わなかった。ズック、ケーキ、クリーム、ポンプ、カンニングなど、敵性語排除といっても軍隊で使うような変な「代用品」(これも戦中の流行語)が徹底するはずはない。

やはり、「戦時」というのは異様なのだ。

|

« 災害頻発は世界の話題 | トップページ | 「迷惑をおかけして」 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

他界された漫才の「てんや・わんや」さんのネタに、似たようなのがありましたのを思い出しました。

内容はこんな感じ

てんや「ぼかぁ、英語がペラペラなんだ」と気取る。

わんや「じゃ~これの意味が解かるか?」と渡した紙には「MANUKE」と記載がある設定。

てんや「こんなの簡単‘マヌーク’だろ」というと

わんや「これは‘まぬけ’と読むんだよ」

こんなやり取りのネタでした。

投稿: 玉井人ひろた | 2018年9月 8日 (土) 11時56分

何の関係もありませんが古川ロッパの声帯模写を思い出しました。インテリで大物でしたね。

投稿: ましま | 2018年9月 8日 (土) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/74174065

この記事へのトラックバック一覧です: 押すと餡出る:

« 災害頻発は世界の話題 | トップページ | 「迷惑をおかけして」 »